FC2ブログ

 昨夜の夕食はお好み焼きだった。
帰省した時は できるだけ東京ではしないことをと いつも心がける。

 今日は前もって準備していたヨモギを入れてお餅をついての昼ご飯。
 長男の子供たちも来ての賑やかなお昼ご飯だ。

 それが済んだら夫はアパートへ帰る次男を送って駅へ。
 帰宅するやいなや 娘が子犬を見たいというので 今度はみんなを乗せて長男宅へ。

 そのまま今度は いつも我が家の子供たちを可愛がってくれる私の叔父宅へ
娘と孫を乗せて挨拶がてら顔を見せに。

 その間 私は在宅で 後片付けをしたり夕食の準備をしたり。

 帰宅後は もう孫の夕飯と入浴が立て続けに待っていて 夫は大わらわ。

 私はといえば 食事の準備 片付け 気配り なんやかや。慌ただしい日になった。

 ちなみに 今夜の夕飯は パエリアにした。美味しかった。

 明日は私の父母の墓参をかねて飛騨へ。夜は下呂にお泊りの予定。

 孫はきっと 車の中でグッスリだろう。
 機嫌よく乗っていけばよいが。
 
 今夜は早く休まなきゃ。

 
スポンサーサイト



 娘が帰省すると次男に電話したら彼も久々の土曜休みだから帰って来るという。
 次男はお正月以来の帰省である。
 今年に入って次男の勤務先の会社は創設以来の忙しさだそうで
なかなか帰って来なかった。
 たまたま 娘の帰省と休みが重なってよかった。

 姪にと わざわざデパートへ出向いて デイズ二ーのくまのプーさんとピグレットの
ぬいぐるみをお土産にと買って来た。

 独身の次男だが 姪や甥を彼なりに可愛く思っているようだ。

 兄妹弟が仲良くしてくれるのは 親としてとても嬉しい。

 いずれ 夫と私は 彼らより先に この世からいなくなる。
それからの彼らの人生3人が支えあって生きてほしい 親の願いである。

 明日 娘が孫を連れて来るというので 
今日も夫は大忙しだ。
私もなにかせずにはいられない 夫の動きだ。

 痛みを我慢して 以前から作ろうと思っていた 孫のスモックを
作ることにした。
布や必要な物は準備していたから 型に合わせて裁断し縫う。

 ところが案の定 同じ姿勢がなかなか取れなくて 仕事が進まない。
しかしやり始めたからには なんとか完成させなくては・・・。

相変わらず痛む腰と足を伸ばしたり位置を変えたり 休み休みやる。
それでもやっぱり強い痙攣がきてしまう。なんでもう少し治まっていてくれないの!!

 それでも 時間をおきながらようやく仕上げた。
 
 可愛い柄だったから 仕上がったスモックも可愛い。

 孫は喜んでくれるだろうか。
 孫が成長し 私が今以上に体が悪くなって 動けなくなった時
「これはバーバに縫ってもらったものだ」と覚えていてほしい。

 そんな思いがあったから 痛みをおして作ったスモックである。


 夕方 いつもリハビリに通っている整形外科で 通常の治療だけでなく
今日は 5か所に痛み止めの注射をしてもらった。

 こうなることを分かっていてのことだから仕方がないわねえ~。我慢我慢!

 お風呂に入っていたら湯船の中で足に強い痙攣がきた。
痛む足を引きずりながら やっとのことで出たが痙攣と痛みは治まらない。
仕方がないから椅子に腰を下ろしていたら また書きたい事が出てきた。

 日中一人で誰とも話さず外出もできない生活だからだろう。次々に書く事が出てくる。
まあ このブログは他人に読んでもらおうと始めたわけでなく日々の出来事や思ったことなどを           記憶代わりに書いておくつもりで始めたのだから なんでも書く。

 東京にいる娘が孫を連れて帰省したいと言ってきた。
婿殿の仕事は 今が書き入れ時なのだそうで 珍しく彼抜きでだ。
デリケートで神経を使う仕事を生業にしている婿殿である。
おかげで 娘はお金の心配などまったくない幸せな生活をしている。ありがたいことだ。

 娘の暮らしぶりを見て思うのは                                       この世の悩みは お金さえあれば大半は解決するということだ。
平凡に これが当たり前と思って経済をやりくりして過ごしてきたが
そうでない生活もあるのだと知った。

 娘の今の生活がずっと続いていってほしいと 親として願っている。

 夫は 娘と孫が寝起きする部屋の準備やなにやら 今夜は忙しくしていた。
 本来は 来客用にと増築したはずの部屋なのだが 私が動けないのをいいことに
夫は自分の衣類やなにやらで その部屋を使ってしまっているから大変だ。

 私が動けない分 夫にかかる負担は多いがこれもそのせいだろう。

 語彙が増え会話が少し巧みになってきた孫が来るのを 夫は心待ちにしている。
 もちろん私もだ。

 

人にはこれだけはどうしてもという大切なものがある。
私にとっての大切なもの・・・それは第一に自分の命とこの体。
痛みを持つ体だが私にとっては唯一のもの。

次に大切なのは肉親。
父母、夫、3人の子供たちと彼らの連れあいと孫たち。 彼らとの様々な経験のなかで私は成長できた。
それらの経験のなかには 棺桶の中へまで持っていかねばならないものもある。
何でこんな事が起こるのと想像さえしたことのない酷い事もあった。
当時 母が今日は無事に目覚めたか命を長らえたかと 毎日朝晩電話して安否を
確かめたほど起きてはならない出来事だった。
苦しい山を宗教に救われた母だったが 晩年長くベッドの上で過ごして 違った形の
苦しみと酷さのなかで亡くなった。

人生は実に不公平なものである。

友人。
社交的でない私にとって数人のかけがえのない人たち。
この人たちの存在がなかったなら やはり今の私はないだろう。
大切な導き手であり いつも頼りになる人たちだ。

書物。
これがなかったら 人生は全く面白味のないものになるだろう。
特に 痛みを伴う体になってからは どれほど助けられているか。
昨今は月に2,30冊は読んでいる勘定だ。
今までは 読みっぱなしだったが おいおい読後感なども書いていこうと思っている。

書道教室。
先生と2人の先輩がた。
誠実で豊かな人格の人たちによって 私はいつも慰められ気持ちを軽くしてもらう。

これらが この人たちが 私の宝物だ。

 夫は 嫁がパートに出始めた息子宅へ子守・・・とはいえ孫たちはもう小学校や中学校へ
通学しているのだから留守番に近いのだが・・・にいそいそと出かけて行った。

 わが子の時には 働き盛りだったから 子供たちの友達の名前さえ知らない有様だったが
年とともに 子供たちや孫たちとの関わりが深くなっていき 今では私より メンドリのように
細やかに面倒をみている。

 私の体が悪くなってからは なおさらその傾向が強くなっている。

 私は また今日も 友人にパソコン操作の教授にきてもらい 午後の数時間を まるで頭の体操のように
混乱しながら なんとか過ごした。

 彼女のお父上は84歳という高齢にもかかわらず パソコンを使い 様々に役員などをこなしていらっしゃる
という。

 なんと柔軟な頭脳!生きる力!と驚いてしまう。

 混乱する~などと言っている場合ではないと思う。やる気だけなのだ。人生は!!!

 在宅引きこもりのような生活のなかでも やれること 学べることはたくさんあるのだ。

 イタイイタイばかりでこれからを過ごしたくない 過ごしてはいけないのだと 反省しきりである。

 よ~~し!!うだうだばかりしていないで 頑張るぞお~~11

 夫が休みに入った。
 彼にとっては 大大好きな畑仕事が 思う存分できるお休みだ。

 しかしその彼が 温泉へ行こうと言う。
 さすがに 年には勝てないようだ。疲れが出てきたのだろう。

  ワ~イ!!♨温泉だ温泉だ!!
  
 待ってましたとばかりに(夫の気が変わらないうちに)準備する。

 行くのは決まって30キロ先の池田温泉だ。
 泉質がとてもいい気持ちのよい温泉なのだ。近辺の温泉を制覇した知人も一番と言うお湯だ。

 出る時間を決めて さっそく更衣室へ。

 案外今日は お客さんが少ない。ラッキー!

 ああ~~いいお湯~~。

 いつまでも入っていたいが そうもいかず 心を残してあがる。

 夫は すでに出て待っていた。

 今度はいつになるかなあ来るのは。
 うれしい温泉行きだった。 痛みが和らいだようだ。

 

 実は一月末 胃が重い感じが続いていたので 胃カメラの検査を受けた。
検査の結果は単なる慢性胃炎で一安心。その時 医師の勧めで ピロリ菌の有無を知るための検査を
受けた。結果をしばらく後に聞きに来るようにと言われて帰宅した。それをすっかり忘れていた。

 今朝 夫に言われ 慌てて結果を聞きに行ったら・・・。
 絶対私にはいない!って変な自信さえあったのに ナント ピロリ菌がいた!!

 判ったからにはやっつけるしかない!しかたない 処方された薬をしっかり一週間飲まなきゃ。
それでいなくなればいいが 再検査で生きていたら また違う薬を一週間飲むのだそうだ。

 ピロリ菌は五歳までに体内に入ったのだと医師の言葉。
 身内に胃がんの者が一人もいなかったから そんな菌はいるはずがない!って思いこんでいたのだ。

 ただ胃の調子が悪くて受診したのに 変な方向の治療を受けることになってしまった。

 判ったのがいいに決まってるけど・・・なんだかなあ・・・。

 先日一緒にお泊りした 親友の一人が熱心にブログをやっている。
その彼女のブログ仲間に 私たちより一回り年齢が下の女性がいるらしい。
泊まった晩 友人がその女性の事を話始めた。
女性の名前を友人が口にした途端 私の頭の中から 深く埋もれていた記憶が飛び出した。

 なんと昔昔の教え子と同性同名ではないか!!
 でも まさかねえ???あの子は婿取り娘じゃなかったはず。(そんなことまで覚えているとは!)         きっと違う人だわよねえっとその話はそこでおしまいになった。

 ところが 友人が帰宅後 その女性にあれこれ電話で話をすると 
ナントナント やっぱり教え子だったではないか!!!

 スゴイ偶然にビックリするとともに はるか昔の短い間の繋がりでしかなかった 
教え子の名前が 自分の口からよどみなくフルネームで出てきたことに 一番驚いた。

 名前だけでなく顔や姿までもしっかり思い出せているではないか!!

 なんなんだ??これは!!

 昨日のことさえも忘れていることがあるこの頃なのに なんで大昔の大勢の中の一人を
なんなく覚えているんだ??
 
 認知症だった父がそうだった。私もとうとうキタのかしらん・・・。

 いらぬことまでも心配になってきた オハナシでした。

 長男宅は我が家と車で五分くらい離れている。
 「スープの冷めない距離」そのものの着かず離れずのいい関係で行き来している。

 その息子の嫁から電話があった。
 来週からパートで働くことになったとの報告だった。


 少し前から 息子一人の収入ではそろそろ限界だ とは言っていた。その時がいよいよきたらしい。


 今どきは夫婦二人が働きに出ている家庭がほとんどのようだが 息子達は できるだけ二人の子供のために
母親は家にいてあげたい という考えから 今まで働きに出ていなかった。

 しかし 子供の成長に伴って 習い事や塾などの教育にかかる費用が増加する一方の昨今
とうとう 働きに出る決心をしたようだ。
 しばらくはフルタイムではなくパートで という。収入は少ないが 子供が帰宅するころには家にいたいから
らしい。

 パートでしかも短期間での職探しだったから 彼女の得意分野ではないが 仕方がないとも言っていた。

 家が近いこともあって 今後は今まで以上に かかわる機会も増えるにちがいない。

 できることは 助けてあげるつもりだ。夫もそんな気持ちでいるようだ。

 頑張れ!!お嫁さん!!