FC2ブログ

あああ~久しぶりにパソコンに向かう。

三月の初旬に電源の不具合が生じ ちょうど時期を同じくして
大切な叔父が入院した。
パソコンどころではなくなり 近日まで余裕のない生活だったから
ブログも長期に休んでしまった。

そしてようやく先ほど 修理を済ませたパソコンが戻ってきた。

子供のいない叔父夫婦は 日ごろから私たち夫婦を頼ってくれていた。
入院すると直ぐに叔母から連絡が入り 病院へ駆けつけた。

衰弱していた叔父は 治療のかいなく五月の末日に他界した。

入院来 自分の体調不良の期間以外は 連日 叔母の食べ物を持って
病院へ通った。
夫も 毎日勤めを終えると病院へ寄り 車に叔母を乗せ 入浴させたり
用事を済まさせたりした後 私を乗せて帰宅した。

叔父の入院以来 親友の想ってもいなかった入院 知人の葬儀
おまけに弟の入院手術など これでもかというほどの事が重なった。
しかし 叔父が重篤だったために なにもかも不義理をしてしまった。

病院から葬儀会場へ叔父を運び お通夜 葬儀と 縁の下の裏方仕事や
手配など ほとんどを夫と私がした。

叔父には姓の違う息子が 一人あって 叔母がいい人だったから
年に一二度 叔父にとっては孫にあたる子供を交えて会っていた。
その息子も彼なりによく動いたが いかんせん同居しているわけではなく
叔父夫婦の細かいことや親戚のことなど 全くわからないから
ひっきょう 私たち夫婦が動かざるを得ない状況だった。

それでも ようやく四十九日の法要も済み 少し日常に落ち着きが出てきた。

心身ともの疲れも勿論 腰の痛みも変わらずあったから 月曜日に
神経根ブロックの手術を四カ所した。

熱を流す瞬間の激痛もはなはだしかったから よく入ったのだろう。
今週は 痛かったりダル重かったり微熱が出たりして 毎日だらだらと
過ごしてしまった。

まだまだ時々は 叔母のところへ様子を伺いに行かなくてはならないが
徐々に叔母も落ち着きを取り戻しつつあるから これまでのようなことは
ないだろう。



スポンサーサイト