FC2ブログ

昨夜遅く 下の孫を連れて 夫と娘が帰宅した。

帰宅できて まずはよかった と思った。
ひょっとしたら このまま入院かも と 内心では思っていたから。

抱っこされて玄関に入ってきた孫の小さな細い腕には 固定された点滴の管が
包帯でグルグル巻きにされていた。

しかし 寝かせたりした後 やっと腰を下ろした娘に聞くと
県病院で点滴をしているうちに 発疹が出始めたらしい。

上の子が川崎病にかかった時と 同じような推移と発疹の出方だったから
娘は もしかしたら と思った と言う。
医師も 今の段階では断定はできないが やはり 川崎病の疑いが濃い と
血液検査や何日も続く高熱 発疹の形状などから 判断して 言われたらしい。

孫は 相変わらず グッタリとして 荒い息をしている。
しんどいのだろう 時折 鳴き声のようなヤンチャを言っているような
か細い声をあげている。

明日の朝も一番に行って 点滴するよう指示され 来る時には
一応 入院の準備をして来るように と言われたらしい。

時間が遅かったが 慌ただしく入院に必要な細々とした物を 大きなバッグに詰めた。

そして 上の孫を 母親不在で 私と一日中家に居させるのも かわいそうだから
夫の勤務先へ連れて行くことに話が決まった。

オーナーから 帰省したら連れていらっしゃい と 前々から言われていたので
夫が 同年齢の子と一緒に遊べば 孫の気もまぎれるから と
自分から 連れて行く と言い出して 娘も賛成しての結果だった。

そうと決まれば 上の孫も 向こうで必要な物を持たせなくてはならない。
こちらも 孫が来た時用に用意してあったあれこれで 朝持たせる荷物を作り
かわいいバッグに まとめて入れた。

そうして今朝早く 娘は下の子を連れて病院へ出かけ
夫は 上の子を連れて 勤め先へと向かって行った。

娘が帰って来たのが三時半を回った頃 よかった 帰って来られたんだねえ〜 と言いながら玄関を開けると
川崎病の疑いは濃いままだが 熱が少し下がり始めたので 自宅で様子をみて
明日もまた点滴に行く のだという。

病名はともかく 熱が下がり始めたのは 何より嬉しい。
孫は 相変わらずグッタリしているし 何も言わなくても すぐに布団に横になる。
少し歩く気になっても 足元がフラフラしていて 危なっかしい。

夜には 昨日よりは 多少 飲んだり食べたりできるようになった。

それでも娘は 明日も 入院用の荷物は 念のために持って行くつもりでいる。

一日楽しく過ごして来た上の孫は 明日もジイジと一緒に行く と言って寝た。
明日は おにぎりが要る。

また明日の朝も 慌ただしい。

スポンサーサイト



ちょっと元気が出て

大変なことになったのかも・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)