FC2ブログ

一昨日の夜 東京の娘から 孫二人が じいじとばあばの所へ行きたがっているから
明日の夕方着くように 行ってもいいか と 電話があった。

拒む理由もなく いいよ と返事した。

だから 嫁と孫と私の三人は イベント会場を出ると 階下のスーパーで食品を買った。
ちょうど昨日は 長男も家にいたので それじゃあ みんな集まっての夕食にしよう と話を決め
帰ってから用意するには時間もないし くたびれているから 出来上がったものを幾種類も
人数分間に合うように大量に準備し 帰宅途中 長男宅に寄って長男を乗せ 帰った。

玄関に入ると 少し前に先に着いていた孫たちが 突進するように出て来て 足にすがりつく。

優しい伯母や従姉妹にも 会いたい と言っていたらしい孫たちは 思いがけないことに
驚くやら喜ぶやらで 大興奮。

もう一人会いたかった従兄弟は この夜開かれているお寺の夜祭に 友達と出かけていた。
嫁が迎えがてら出かけていく予定だったので 夕飯を食べながら
娘や孫たちも一緒に出かけよう と話が決まった。

テーブルの上はそのままに 迎えに行った後 また食べることにして 六人で出かけて行った。

この寺の夜祭は 参道の両側に たくさんの屋台が連なっていて 大勢の人出があり
注意していないと 連れを見失いそうなほどだ。

本堂に行き着く前に ほしいものがいっぱいの孫たちは
大きな従姉妹と それぞれが両側で手を繋いでいても すぐに立ち止まって動かなくなる。

どっちみち 買ってあげるつもりで一緒に来ていたから 二人ともが欲しがった
上はマイメロちゃん 下はアンパンマン のお面を買い 早速頭につけてニコニコ顔。

次に欲しがったのは 流水の中からすくい上げるカラフルな 小さなボール。
やらせるのは上の子だけで 下にはその中から幾つか分けてあげるだけでいい
娘はそう言うが 見ていると 下の子は 真剣にものも言わずに ジッと見ているから
これは平等にやらせないと と思い 下の子にも やりたいの? と聞くと
大きくうなずく。それで 下も同じように ボールすくいをさせた。

よほど嬉しかったとみえ 何度も立ち止まっては ボールが入った袋をかざして見ていた。
その姿は可愛いものの なにせ人混みの中でのこと 後ろから次々に人が来る。
押し倒されはしないか 姿が見えなくなりはしないか ハラハラのし通しだ。

ようやく本堂に行き着いて ろうそくや線香をあげ 家族の無事と安全を願った。

帰りの参道で また一つずつ ほしいものを買わせ 満足させて
長男宅の孫と合流し 帰宅。

長男宅の二人の孫たちにも 小さな従姉妹たちが使ったのと同じ額だけ
おこづかいをあげて 平等に。

帰宅後は 小さい人たちはシャワーを浴びて早々にベッドへ。

大きい孫と大人は 再び酒盛りとおしゃべりして 夜が更けていった。

忙しい一日だった。

この夏は 予期しないことと予定していたことが ひっきりなしにやって来る。
こんな夏は 滅多にあるものではない。


スポンサーサイト



子供も大変

親子三代で

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)