FC2ブログ

お昼ご飯を早々に終えて 二人の孫は お昼寝させられた。

二人が二階へ上がって行って一時間半も経った頃 ドタドタバタバタ と音がした。
下の子が先に起き出して 廊下に出してあったおもちゃの箱を ひっくり返したらしい。
ケラケラ笑う 可愛い声が聞こえてきた。

その前に 隣のベッドに寝ていた姉を無理やり起こし 仲間にして 二人してやったらしかった。

おとなしい五歳の姉は イタズラ事は いつも妹に引きづられての結果になる。

四歳も年齢が離れているのに 妹は姉に負けん気で むしろ その上をいこうとする。
でも 悲しいかな できないことがたくさんあるから そんな時は よくまわらない口で
姉を叱りつけるようにしながら 自分ができなことを補おうとしているようだ。

この時のいたずらも 自分がひっくり返したのに ^_^^_^ちゃんがやったんだよ と
まるで 自分は何も悪くない という顔で シレ〜と言う。

丸い大きな目をした笑顔でそう言われると こちらもツイツイ つられて笑ってしまう。

そんなジャジャ馬なくせに 虫には からきし弱い。
蚊でさえ ショウジョウバエのような小さな虫でさえ 見つけると大騒ぎ。
自分の近くへ飛んでこようものなら 引き連れたように泣き叫ぶ。

昨日も 二人して ベランダに広げたプールで 機嫌よく遊んでいたが
そのうちに 小さな小さな虫が プールの水に浮いているのを発見。
途端に 二人ともが キャアキャア言って もうプールはいい と
われ先に出てしまった。

娘夫婦はどちらも虫が嫌いだから 孫たちが嫌いなのは仕方ないこと とは思うが
それにしても 嫌いようが甚だしすぎるから
このままでいいものか と ばあばとしては 密かに心配になってしまう。

スポンサーサイト



遠慮しないことに

子供も大変

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)