FC2ブログ

昨日 届いた箱を開けてみると 特大のブドウの房が 三房入っていた。

今 巷で大人気の サンシャインマスカットだ。
黄緑色の大きな粒が ツヤツヤと輝いている。

どこのスーパーでも 値段の差こそあれ 売られてはいるが
安いものでも とても我が家の経済では 買える値段のブドウではないから
スーパーでは いつも 見るだけ の代物だ。

でも 娘が送ってくれたこのブドウのような 大きな粒のものは
デパ地下でも果物屋でも これまで見たことがなかった。

今まで見たことのある同種のブドウで 一番粒が大きかったものに比べても
二倍から三倍はあろうかと思える粒の大きさだ。

そして 驚いたことはもう一つ
その甘さだ。

大きな粒を口に入れ 歯で皮を噛むと 大げさでなくパリッと音がして
まるで砂糖か蜜のような果汁が ジュワッと出てくる。

あまりの大きさとその甘さに さすがに ブドウ好きの私でさえ
数粒食べただけで もう十分になる。

生産を販売ラインに載せないで丁寧に作ると かくも良いものができるのか
と 感じ入った。

この浜ブドウとは とても比べられるものではないが
夫が作る果樹にしても 同じことが言える。

夫が 丁寧に丁寧に 肥料をやり手入れをし 精魂込めて作ったもの
特に桃は 大きさも甘さも スーパーで売られているものより
はるかに上をいっている と 常々 手前味噌で思っている。

玉ねぎや人参にしても 孫たちは じいじのが一番美味しい というらしいが
この農園からいただいた野菜も やはりとても美味しかったらしい。

浜ブドウ とブランド名のついたブドウを 初めていただいて
その大きさと甘さに驚きながら 夫の作る物へまで
思いを巡らせたことだった。





スポンサーサイト



スカーフを使いこなす

浜ブドウ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)