FC2ブログ

彼岸花のお寺とモネの池へ 先日夫と行って来た事を 滅多にないことだったのと
花がきれいだったのとの両方から 身内だけでなく ラインを教えてもらった友人にも
伝えたくて 何枚か写真を送った。

その友人には 名古屋に住むカメラが趣味のお友達がいらっしゃって
そちらへ行って写真を撮りたい所がある と 連絡があり
案内して一緒に出かけられたそうな。

それがなんと 私から送られてきた写真と同じお寺だったわ と 昨夜 ラインがあった。

今の季節でしか撮れない花の美しさは カメラが趣味の方々にとっても
絶好の被写体なのだろう。

そして 友人のご主人が 私が送った写真を見て 写真の切り取り方がいい と
言ってくださった とも添えてあった。

もちろん なにげなく言ってくださった言葉だとは分かっているが
褒められて悪い気はしない。

むしろ 歳を重ねた最近は 他人から褒められることが少なくなっているから
正直 とても嬉しかった。

また 同じ写真を送った嫁からも 写真を見た孫が
いい写真と言っている と返信をもらっていた。

考えてみると 最近では褒められる事がめったにない。
その代わりに 人を褒めることも少なくなっている。

歳をとると 世の中の大方のことが分かったような気でいるからだろうか
何事にも なんでもが当たり前のように感じてしまっている。
それどころか逆に 世の中にも全てのことにも 不満や愚痴ばかりが多くなっている。

特に私は 暮らし自体が単調だから 感激することも感動する場も狭い。
それが 知らず知らず 人を褒めなくしているのだろう。

今回 ちょっと褒められることがどれだけ嬉しいか 気づかされた。

気づいたからには これからは 人のいいところに気づいたら
その場その場で さりげなくさりげない言葉で 褒めることにしよう と 思う。


スポンサーサイト



お土産で 夫の食欲が戻ったみたい

久しぶりに気が晴れた

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)