FC2ブログ

嫁に 旅行から帰っても疲れているだろうから 夕ご飯は我が家で食べればいい と
言ってあったので 予定より少し遅い時間に 土産を携えて 我が家へ来た。

バス旅行だったから 帰路の高速道路で 事故が起きた直後の状況に遭遇してしまい
別の 迂回する高速道路を使って 帰って来たらしい。
そんな事を聞くと 事故に巻き込まれなくてよかった と安堵する。

彼女が帰る少し前に 夫が迎えに行って戻っていた上の孫と まずは四人で夕食。

献立は シチューと ツナにコーンを混ぜたものをレタスの上に載せ 切ったトマトと
ゆで卵を飾ったサラダ。

シチューに入れたお肉は 義弟が今月 仲間と獲った鹿肉。
義弟からの鹿肉は まったく匂いがないから ホワイトシチューに入れても大丈夫だ。
ただ 煮込むと 脂身がないから どうしても硬くなってしまう。
だから 野菜類を煮込んだ後から 油で炒めておいて一緒にする。
チーズを入れたりブイヨンを加えてりして いつもより念入りに作ったシチューだ。

食べ終えた頃に 息子が 会社から直接帰って来た。
前の晩 仕事が深夜まであったのは 監査があったからだという。
仕組みはわからないが 系列があるのか 互いの会社同士で 監査し合うのだとか。
それが終わったので 昨夜は 早く帰れたらしい。

嫁の旅行の話や息子の監査や会社の話は 普段は夫と二人の単調な食卓を
大いに賑わしてくれるが もっと賑わしいのは 上の孫だ。

テストの後 仲のいい子たちとカラオケへ行ったこと
歌った歌で 八十七点を越える高得点が出て 嬉しかったことなど
次から次に話して 耐えることがない。

美味しい美味しいと 誰もがお代わりしてシチューを食べ終えると
今度は 下の孫から 部活が終わった旨の連絡が入り 嫁が迎えに行った。

夫が 連れに行こうか と言ったが 一晩留守にしていたこともあって
早く顔が見たかったり 仲間の母親同士 話があったりで
彼女が 自分で行きたかったらしい。

下の孫が来て夕ご飯を食べ終えても 息子は疲れているのだろう ずっと居眠っていた。

食べている途中には 嫁は椅子にもたれたまま 上の孫はテーブルにうつ伏せになって
みんな 寝てしまっていた。
彼らの居眠りは てんでに 一日を精一杯過ごしてきた証のようなものだろう。

下の孫が食後の梨を食べ終えた時点で みんなを起こした。

寝呆けまなこも 外へ出ると 空気の冷たさに いっぺんにシャキッとなる。

二台の車に二人ずつ乗って それも 父親と娘 母親と息子 の組み合わせで
彼らの家へと帰って行った。

二晩続きの夕ご飯は たくさんのお代わりと 彼らの若い食欲やおしゃべりで
久しぶりに賑やかな 我が家の食卓だった。

スポンサーサイト



思いがけなくも おちょぼ稲荷へ

嫁が留守の日は

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)