FC2ブログ

一昨日 遅い時間に 東京の娘から連絡があった。

娘からの連絡は 最近はラインでのメールが多いから めったに話さない。
そうでないときは 孫たちが私たち夫婦と話したいときで その時はビデオ電話になる。

一昨日も 孫たちは私たちと話したがって 何度もかけたらしいが
なにせ二人ともが温泉へ入っている最中で 気づかず つながらなかった。
孫たちは仕方なく諦めて 母親に急かされるまま 寝させられたらしい。

娘が言うには 孫たちは 私たち夫婦に 会いたい会いたい と言うらしい。
つながらなかった時も 会いたいと私たちに伝えたかったらしい。

それで あんまり会いたがるから 二人して東京へ来れないか という
娘の電話だった。

そういえば 今年は 正月以来一度も行っていない。
春休みも夏休みにも 行かないままだった。

そんな孫たちの気持ちを娘から聞いて 夫が じゃあ土日に行くよ と娘に返事した。

夫は 行きを土曜でなく金曜の夕方にすれば 土日いっぱい孫の相手ができるから
そうしようと決め 早速 今日 勤め帰りに 切符を買ってきた。
乗りたい新幹線は利用客でいっぱいだったが かろうじて別々の離れた座席が取れた。

夫は日曜に帰ってくるが 私は 数日いてよ という娘の言葉に従って
残ることになった。

そうなると 滞在中の着替えが何枚も要る。
キャリーバッグでは 行きは夫が持ってくれても 帰りが大変だから
私の荷物は 段ボール箱に詰めて送ることに。
金曜の夜から使えるようにするには 今日のうちに送らなくては間に合わない。

適当な大きさの段ボール箱を見つけて 早速荷作りした。

近頃の東京も 気温が上がらなくて寒いらしい。
下着も 長袖やらズボン下やら でも暖かい日もあるだろうから
半袖の下着も要るし----上に着るものも寒暖に対応できるように----と考えていたら
それぞれ四枚ずつを持っても かなりの量になった。
それを夕方 私がリハビリしている間に 夫が宅配の営業所へ持って行ってくれた。

夫の荷物は 帰る途中で買ってきた婿への土産と一緒に
キャリーバッグに詰めて行くよう 今夜 準備した。

婿への土産は いつも日本酒と決まっている。
珍しい銘柄 今まで飲んだことのない銘柄を選んで買ってくる。
そしてそれを飲みながら ああでもないこうでもないと話すのが 二人は嬉しいらしい。

また 今回はどうかわからないが 行くと たいがい夕食の後 婿は夫を飲みに連れ出す。
二人で 何軒か 婿の行きつけのお店をはしごするらしい。
深夜 いい気持ちで帰ってくる二人を見るとき
国や言葉が違っても お酒という共通のものがあってよかった とつくづく思う。

実際 娘が婿と結婚する と決まった時から お酒が家族と婿を取り持ってくれた。
お酒は 我が家の潤滑油のようなものだ。

リハビリの後 大事をとって注射もしてきた。
慌ただしいが これでなんとか行けそうだ。










スポンサーサイト



娘宅で孫たちと

誰とも顔を合わさない日と心のうち

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)