FC2ブログ

金曜日の晩は お風呂へ入りパジャマを着て すぐにベッドへ入れる準備をした二人の孫は
今か今かと 私たちを 玄関で待っていた。

品川まで車で迎えに来てくれた娘は 孫たちが 待ち遠しくて待ち遠しくて
いつもなら就寝の時間を 寝ないで待っていたのだ と言った。

上の孫は五歳だから 私たちが来たのが 本心から嬉しくて仕方がない様子で
ドアを開けたとたんに 抱きついてくる。

下の子は そんな姉の様子を見て なんだかわからないが楽しいことなんだろう と
姉の後を追っかけて 同じように抱きついてくる。

二歳の彼女は 姉のすること言うことを なんでも負けずにまねっこだ。
上が ^_^^_^ちゃんね ナントカなの と言えば
すかさず自分も ^_^^_^ ちゃんね ナントカなの と言う。
上が ****ができる と言えば できもしないのに ****ができるの と
クリクリ目玉をさらに大きくして 言ってくる。

今のところ 主になっている日常の言葉は 日本語だが
父親との会話は 片言しか話せなくても 父親が言っていることは理解していて
ちゃんと受け答えしている。
上の子が 英語オンリーの学校へ行きだしてからは 娘の家庭内では
英語の比率が多くなった。
そのせいか 上の子より 英語の理解度が早い。
おまけに おチビちゃんでも発音は本格的だから 外出すると店員さんなどは
びっくりした顔をする。

食べることも よく食べる。
この小さな体に よく入る と感心してしまう。
上の五歳の子もこの子も 外食しても 大人一人前の量を しっかり完食する。
小さな口にいっぱいに入れても ちゃんと口を閉じて
品よく上手に食べる姿が愛らしい。

また 愚図ったりヤンチャを言ったりしないで
二時間ぐらいは ちゃんと座っていられるから 一緒に外出しても
レストランなど 安心して入れる。

昨日は 両親が用事で出かけたので 夫と私が 留守番がてら
日中 二人と過ごした。

誰も教えたわけではないが どの家の子もどの国の子もだろう
下の子は 要領がいい。
叱られても しれっとして受け流すし 気を引きたいときは
わざと大げさに泣いたりして アピールする。
その様子が可愛くて ついつい こちらも苦笑いになってしまう。

いつかは日本を離れて 他国で暮らすかもしれない孫たちだが
娘夫婦は 高校までは 一貫教育の学校に通わせるつもりでいるようだから
おそらく私が生きているうちは このまま日本で暮らすようだ。

あどけない二人の相手をしながら この子らが 今のままの生活を続けられるよう
婿の仕事が順調であればいい と 思った。

スポンサーサイト



夫が帰って お買い物に

午後遅く東京へ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)