FC2ブログ

実は今週の水曜日は 友人lちゃんの亡夫の百か日法要だった。
以前から lちゃんに 葬儀の際も一緒に手伝った 彼女が高校の時からの友人
Oさんにも声をかけてあるから是非来て欲しい と言われていて 行く予定でいた。
それなのに 寝込んでしまった私は 残念なことに行けなかった。

その葬儀の際に わざわざ千葉から駆けつけた lちゃんの友人があった。
ゆっくり話す間もないお通夜と葬儀の短い時間だっただろうに 落ち着いたら
手伝ったOさんがIちゃんを乗せて 車で千葉まで行くから と 約束ができて
Iちゃんは ずっと楽しみにしていた。
私も 彼女が早く元気を取り戻して そんな楽しい冒険ができたらいい と
思っていた。

百か日法要の翌日に その冒険の旅に二人して出かける とも聞いていたから
行ってエールを とも思っていたのだ。
それなのに 行けなかった。

彼女らが出かける日 無事に行って来てね と念じながらベッドの中にいた。

そうしたら今朝 携帯が鳴った。
こんなに早く誰だろう と思うと Iちゃんだった。

もう 千葉の友人が住むマンションに着いていて そのゲストルームから
かけている と言う。

驚いた。
まさかこんなに早く着いているとは!

行楽気分でゆっくり行く と聞いていたから きっと途中 高速道路の
サービスエリアの宿泊施設などを利用しながら 何日か時間をかけて行くのだろう
と 勝手に思っていた。
それが もう昨日には着いていたらしいのだ。

電話では 東京に入ってからは湾岸を走る首都高を走って来た のだと言う。

二三年前 娘の処にいた時 婿の運転で 船橋まで やはり湾岸の首都高を走った。
遠く近く見え隠れする新旧のタワーや 林立する高層ビルの群れが まるで
絵画のように新鮮に見えて 実に綺麗だった記憶があるが 首都高自体は
幾つもの車線とおびただしく行き交う車や煩雑な車線変更があり 田舎者には
とてもこんなところは運転できない と 後部座席で孫と並びながら思った。

夫も 品川から娘が住む代々木までや 代々木から新宿や銀座へ行くのでさえ
娘が運転する隣に座っていて よくこんな道を運転できるなあ と 感心しながら
乗せてもらう度に言う。

そんな路を 私と同じ年のおばさんが(彼女も私と同じく 既に何人かのおばあちゃんでもある)
一人で運転して なんと千葉まで行ったのだ それも思っていた以上に早く!

驚いた 驚いた!
エエッツ!!もう着いてるの‼︎
鼻声が治らないままの私は 何度も聞いた。
電話の向こうからは 笑っている元気そうなOさんの声も聞こえてきた。

浜松では餃子を 富士宮では焼きそばを 道中 名物を食べながら来たのだと
Iちゃんは楽しそうに話した。

それにしても スゴイわ!Oさん!
車で千葉まで行こう という気持ちと その実行力!

常々 Iちゃんから しっかりした人だと聞いていたし 葬儀の際に一緒に立ち働いて
私自身 人柄に触れてもいたから 優しさの中に芯の通った強さを持った人 だと
感じてもいた。だから この人なら ゆっくり時間をかけたら車での旅もできるだろう
とは思っていたが……それにしてもスゴイわ!

葬儀以来 聞いたことのなかった Iちゃんの心の底からの楽しそうな声と
そばにいるのだろうOさんの快活な声が フニャフニャとしている私に
元気をくれた。

気をつけて 楽しい車旅をして帰って来てね〜。











スポンサーサイト



久しぶりの気がする受診 そして雑感

一週間寝てもまだ……

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)