FC2ブログ

血圧が標準血圧の上限ギリギリだので 夫が医師に相談すると 医師が 心配なら
弱い薬を飲みましょう とおっしゃって血圧の薬を飲み始めたのが数年前だった。

その後 真夏の炎天下での畑仕事などの過労が原因だと思うが
不整脈が見られるようになった。
それで 心臓カテーテル検査を受けたが 血管の詰まりもなく心臓自体にも異常は
なかった。

その後念のため専門の病院で 定期的に心臓検査をし かかりつけ医から処方される
血圧の薬だけはしっかり飲みながら 今日まで何事もなくきた。

それが今夜 夕食の後 自分でも体の変調を感じた夫が 血圧を測ってみると
上が百七十を越えていた。下も九十以上あった。

今までは高くても百四十くらいだった。
日頃元気印が二つも三つも付いている人が こんなに血圧が上がるなんて ビックリだ。

急にきた寒気と雪と ノロノロでひどくかかってしまったと言っていた通勤時間が
原因かとも思うが とにかく安静が一番だから 入浴もやめたほうがいい と言って
早々にベッドに入らせた。
明日は 早速かかりつけ医を受診することになるだろう。

夫は 回遊魚のように 動いて何かしていないと気が済まない性分の人だ。

年齢が上がるに連れてその性分が強くなって 私が 少しは体を休めて と言っても
そんなことは歯牙にもかけないで 仕事が休みの土曜日や日曜日 春休み夏休み
冬休みの長期の休みは ほとんどの日 朝から晩まで畑へ出かけて行く。

不整脈が出たのもそれが原因だったのだが 異常なし と医師に言われると
自分でも自覚があったうちは 多少は控えていた畑仕事を また熱心に
するようになった。

この冬も 樹木の枝打ちや肥料やりに 毎日畑へ行っている。

彼は今年七十二歳になる。
そんな生活をしていて体に負担がかかっていないなんて あるはずがないのだ。

本格的に畑仕事を始めた五十代後半と比べたら 確実に体の衰えはあるのだから
それを考慮して動いてほしいのだが 私の懇願などなんのその と 出かけてしまう。

それが 今夜一気に上がった血圧に現れているのだろう と思う。

元々は長生きの家系なのだから 無理さえしなければ九十歳も夢ではないはずだ。

明日受ける医師の診断がどうであれ もっと体を休めることを考えてほしい。








スポンサーサイト



無呼吸症候群から?

この寒さは いつもの寒気とはちょっと違う

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)