FC2ブログ

夫が勤務する幼稚園の三学期は 秋の運動会と双璧をなす雛祭り発表会に照準を合わせて
始まった。

一年間の成長ぶりを父兄や祖父母らに見てもらうために 園児も日々演目の練習に
余念がないし 先生方も 落ちこぼれる子がないよう気配りしながら 根気に指導する。

純真な園児たちは 園外の大きなステージでの両親や祖父母の前での発表会 とあって
指導に応えようと グウタラな大人では考えられないくらい真剣に練習する。

その姿が 彼らを一気に成長させる と言っても過言ではない。

特に 年長クラスの園児たちのこの発表会にかける思いは 夫から聞くだけでも
涙が出るほどだ。

先週の土曜日 その発表会があった。
まだ体調が術前までには回復していなかったから 会場まで見に行けなかったのが
残念だった。

残念だったことはもう一つあって 肝心の年長さんたちのクラスで インフルエンザ
が流行してしまって せっかく練習してきて演じるのを楽しみにしていた園児の何人か
が 欠席せざるを得なかったのだ。

その子の親御さんも同じ思いで もう熱もないからなんとか出してもらえないか とい
電話がかかってきたらしいが インフルエンザなのだから 園側も 気持ちはわかっても
どうしてあげようもない。
粘る親御さん相手に 夫や職員は大困りだったそうだ

それくらい園児や親御さん 園 にとって 発表会は一大行事なのだが 何人もの園児が
休んでしまった分 せっかくみんなで練習してきた演目が 例年に比べて寂しかったらしい。

それでも 済んでしまえば あと残っている大きな行事は 来月の卒園式だけだ。

残りの日々を怪我なく楽しく過ごして 一年生になってほしい。

夫を通してしか縁のない子供たちだが 長いこれからの未来へ向けて 彼らに
どうか優しい風が吹いてほしい。
スポンサーサイト



今日は雨水

オリンピック 男子フイギヤスケートの羽生

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)