FC2ブログ

私が住んでいる市は 県庁所在地の市に隣接しているから 道路状況もよく通勤に
時間がかからなくて おまけに土地の価格も 隣市に比べると安い。
それに 数年の間に高速道路が通りインターチェンジができる。

そのような要因があるからか スーパーとドラッグストアが やたらと建つ。
特にドラッグストアは 先月また一軒建ったのを合わせると 七、八軒になった。
スーパーの中にある薬局も数えると 全部で十を越えるのではないか。

スーパーも五軒はある。
ホームセンターも三軒ある。

人口が三万人を切る小さな市に どうしてこんなに大型の店舗が建つのだろう。
隣接する市の 車なら直ぐ行ける場所にも ドラッグストアはたくさんあるし
スーパーは言うに及ばず もっと大きなモールだってあるのに。

それなのにこれだけドラッグストアやスーパーが建っても 飲食店は少ない。
小さな街で農家が多いから 外食産業では利益が上がらないのだろうか。

そういえばパチンコ屋も三軒ある。

とにかく やたらと大きなお店が建つから 個人商店はほとんど閉店してしまった。
家を建てて引っ越して来た頃には 個人が営むお店の商店街があった。
八百屋から菓子舗から肉屋 洋品店 化粧品店 米屋 おもちゃ屋 ありとあらゆる
業種の個人店が軒を連ねて それも同じ業種のお店が何軒もあって そのどれもが
活気にあふれていたものだ。

今では見る影もなく 崩れ落ちそうになっている姿が哀れだ。

その反対に こんなにもたくさんの大型の店舗が集まって来て
どうしようというのか 不思議になる。
人口は徐々に減少しているというのに……。

街の変容する様に 今建設中の高速道路がどのように拍車をかけるか……
便利さや安さが先行して 何か もっと大切なものを手放しているのでは……

大型の店舗が あまりにも次から次へと建つ様子に なぜかわからないが
気持ちが落ち着かない。





スポンサーサイト



久しぶりに会ってランチ そして気持ちが清々しくなる神社へ

大急ぎで

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)