FC2ブログ

こんなことは滅多にないが 昨日の女子会に続いて 今日も書道教室の先生と仲間との
食事会だった。

今日の食事会自体も昨日の女子会以上に滅多にないことで 滅多にないことが
偶然重なって連日になったわけだが 今日も楽しかった。

今日の食事の費用は 毎月細々と皆で積立しているお金から出すから
個人個人では 今日はお金は使っていない。
積み立て金からだから少し高くても大丈夫 みんながそう思って 場所と金額は
すべて先生にお任せの形だった。

会食場所の候補を何ヶ所か上げてくださった。しかし 格式があったり歴史があったり
するお店もいいが そういうところで供される料理は 案外決まりきっていて
最初に出てくるものは何 次は何 と初めからわかるから 面白みと期待感がない
という先生の意見で みんな一度は行ったことがあっても 月ごとに内容が変わって
料理が出されるお店に決まった。

先生の車に皆が同乗して行ったが あいにく今日は朝からの雨
でも天気ばかりは どうしようもない。

料理店の窓を雨粒がたたく中 語らいながら簡単なコース料理をいただいた。
先生は 家庭でもちょっとアレンジすれば料理できるような内容なのがいい
それがこのお店の魅力だわ とおっしゃる。

私たちのグループ以外の客は コース料理を次々に消化しては お店を出て行ったが
私たちは 一番早くお店に入ったにもかかわらず 気づけば一番最後まで残っていた。
お店側も急かしもせず 全員が食べ終わる頃合いをみては 次のお皿を運んで来るから
自然にペースが遅くなり 最後のデザートを皆が食べ終えると 店内には私たちだけに。
それに気づいて 慌ててお店を出た。

お店を出ても まだそのまま帰る気になれず 皆の帰り道にある喫茶店へ行くことに。
てんでにコーヒーやキャラメルラテなどを注文して 飲みながらまた話す 聞く
そしてまた話すの繰り返し。

この快適さ楽しさは 絶対 男性には理解できないだろうと思うが
話し聞き 話し聞き をする事で 女性は心の平安を保っている と言ってもいい。
だから たまたまでもいいから こうして食事をしたりお茶をしたりしながら
話す機会を持つことが 女性には大切なのだろう と改めて思った。

実際 昨日と今日で 私の心のお腹は空っぽになって 清々しくさえ感じている。

スポンサーサイト



叔母の災難

女子会

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)