FC2ブログ

一昨日 勤めから帰宅した夫が ニヤニヤしながら

おい 今日ラブレターもらったア〜

と バッグから封筒を出して 私に見せた。

封筒から取り出してみると 大きな赤い文字で


⭕️ーーー⭕️ーーーせーーーんーーーせーーーいーーー
だーーーいーーーすーーーきーーーでーーーすーーー
⭕️ーーー⭕️ーーーせーーーんーーーせーーーいーーー
❌ーーー❌ーーー

と 文字と文字の間を なぜかーーーで結んで長くあけて 用紙いっぱいに
書かれていた。
⭕️には夫の姓が❌には自分の名前があった。
他の文字もーーーも すべてが赤い鉛筆で書かれていた。

朝 登園して来た時から手に持っていて 渡してくれたのだそうだ。

夫が再就職してから もう十二年になる。
以来 園児から 何通もラブレターをもらっている。
そのどれもが大切な宝物だから 夫はしっかり保存している。

この春 新学期の小さい組さんは 泣く子はだれもいないらしい。
こんな年も滅多にない と夫は言う。

少人数の上 サブの先生までいるから 園児への目は行きとどくし
ほとんどの子が もっと小さい頃から母親と園へ来て馴れているから
園の雰囲気に飲み込まれないせいだろうか。

泣く子がいると朝から手こずるが 今年は楽だ と夫が言っている。

でも 不謹慎でも 私は そんな子の様子を聞くのも楽しいから
この春は ちょっと物足りない思いでいたところだった。

そこに このラブレター💌
しかも このような独特の書き方をいつ覚えたのだろう という書き方のものだ。

夫と二人 けっして侮ってではなく笑いながら 幼い我が子が真剣に書く側で
見守っていたに違いない親の気持ちを想ったり 渡してくれた子の気持ちを
想ったりして その晩は ベッドに入るまで ずっとホッコリしていた。

❌❌ちゃん お手紙ありがとうね。
でもね ⭕️⭕️先生は もうずいぶん前から奥さんがいるのよ。

だから ほかの男の子を見つけてね。
きっとステキな子が いっぱいいると想うよ。

⭕️⭕️先生の奥さんより

スポンサーサイト



退職者の会

整形外科は大にぎわい

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)