FC2ブログ

叔父の三回忌法要で 今日も朝から外出。

夫は その前に 朝食をソソクサと済ませて 畑へ玉ねぎの収穫に行った。
今年の玉ねぎはどれもが小さくて 車庫へ運んで来たものを見ると たしかに例年より
カサがない。

シャワーを浴び スーツに着替えた夫と 叔母宅へ迎えに行った。

近しい者ばかりでの法事だから 着るものは黒でなくていいから と言う叔母の言葉
に従って 夫はスーツにグレーのネクタイ 私は紺のワンピースの上に黒の薄い羽織物、
でもバッグだけは黒を持った。それに長めのグレーのパールのネックレスをつけた。

叔母はというと 喪服のようなフォーマルさはないものの 黒のズボンに やはり黒地に
同じ黒で薔薇がアップリケされているブラウス その上に薄地の黒のジャケットカーデガン
という装いにグレーのパールのネックレスだった。
肩苦しくはないが 誰が見ても法事らしさが伺える。

お寺に着いて驚いた。
叔父の息子家族の誰もが まったくの普段着姿で来ている。

いくら 黒でなくてもいいと言われても 今日は自分たちの父親 自分たちの祖父の三回忌だ。
たとえ集まる者たちが身内ばかりだとしても 普段着はないだろう。
単に会食に招待された場合だって もっとちゃんとした格好で行くだろうに。

叔母は 義理の息子夫婦 特にお嫁さんの人とナリを知っているから 瞬間エッと
いう顔をしたが 後はあきれて あきらめ顔だった。

というのも 後で聞くと 今朝になって お嫁さんから
ジーパンじゃダメ?
と 電話があったのだそう。
さすがの叔母も
ジーパンはやめて
と 言ったんだそうだ。

その結果が ジーパンこそ履いてはいないものの 普段着での出席 と なったようだ。

若い者ならともかく 法要にジーパンでいいかどうか 六十そこそこの女性が判断できないのか。
黒でなくていい と言われたら なぜ それなら普段着でいい ことになってしまうのか。

おまけにだ。
お寺での法要が済みホテルで食事をし 散会となった時 お嫁さんは私に
いつもすいませんね またお願いしますね
と 叔母の世話を 軽く告げられてしまった。
それも どことなくニヤついた顔で……と見えたは 私の心持ちがそうさせたからか。

いつもすいませんね は 分かる。
当然の言葉だろう。
でも その後の またお願いしますね とは どう解釈すべき言葉なのか。

今まで何度も書くように 私たち夫婦と叔母には血縁もないし 義理も義務もない間柄だ。
叔父が亡くなった今 叔母に一番近しいのは 義理とはいえ息子家族だろう。
叔母は 母親なのだ。
その証拠に 叔父が亡くなった当座 叔母はなにがしか遺産を分け与えた。

その頃 関係ないながらも私は 彼らの振る舞いを見て
今は 法で決められた額を分けておいて 後は 叔母の気持ちとして
子供達が結婚したり出産したりした時や 節句や七五三 入園入学などの機会に 出して
あげるほうがいいのでは と 叔母の気持ちを汲み取れない彼らの様子に危なっかしさを
感じて 叔母に言ったことがあった。

優しい叔母の気持ちも汲み取らず 貰うものだけもらって後の面倒はみない では
あまりにも虫がよすぎる と思う私が間違っているのだろうか。
それでは叔母がかわいそう過ぎるではないか。

私たち夫婦は たまたま近い所に住んでいるだけなのだ。

だから マタオネガイシマス と口先で軽く言われて 丸投げされても困る。

どうせ放っておいてもあの人たちが面倒をみるだろう みさせておけばいい
そう思っているのが マタオネガイ の言葉になって出た としか考えられない。

その言葉の前後に 私たちも様子を見には来たいのですが なにぶん直ぐにはなかなか
来られません 迷惑をおかけしますが どうかよろしくお願いします 何かありましたら
連絡ください お世話になって申し訳ありませんがよろしくお願いします

ぐらいのことが なぜ言えない‼︎

よほど私たち夫婦は お人よしに見られているらしい。

こうして書いていると 余計に腹が立ってくる‼︎

世間って こんなでも通っていくんだねえ‼︎

なんだか私たち二人ともが いいようにつけ込まれて うまく使われているような
軽くみられているような気がして 情けない気持ちになってしまう。

身内の恥を晒すことを書いたが 従兄弟とはいえ そもそも 幼い時に会って以来
互いに叔父の病室へ出入りするまで 一度も会ったことなかった間柄だ。

だから 身内であって身内とは呼べない関係だから 他人と同じようなものだ。
スポンサーサイト



孫の初デイズニー

今日も一日外出

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)