FC2ブログ

昨夜泊まった旅館は 知らないで予約したが あちこちの旅のサイトでかなり高い評価を
受けていた。

評価がいいだけあって メインの温泉は申し分なかったし 食事も美味しかった。
館内も明るくて雰囲気もよかった。

ただ 前日宿泊した旅館は インが二時からでアウトが十二時と 湯治客や骨休めに来た客には
ゆっくり落ち着いて滞在できる時間設定になっていたが この旅館は 普通の三時イン 十時には
アウトの設定になっていたから せっかくいくつもの源泉があり浴室も浴槽もたくさんあるのに
お湯をゆっくり楽しませる という温泉旅館本来の使命からすると 少し残念な気がした。

ともあれ 今朝は旅館を出ると 夫の目当ての地酒を買うべ 一番に 地元の酒屋さんへと
車を走らせた。

両方の旅館の売店でも 当然地元のお酒は売っていたが なにせ銘柄が少ない。
その点 地元の酒屋さんなら 殆どの銘柄を揃えているし それらそれぞれについての味の説明や
醸造所の話 評判などにも詳しい。

飛び込みで見つけた酒屋さんも思った通り詳しくて どれでも気になる瓶があれば試飲してみて ください何本でもいいですから とまで言ってくださったが 夫は運転手だし私は下戸。
辞退すると 夫婦で本気で残念がってくださり 説明を聞いて夫が気に入ったものを数本包んで
もらっている間に 奥さんが それじゃあアルコールが入っていないものを車の中で飲んで と
冷えたお茶や清涼飲料のパックやボトルをたくさん袋に入れて サービスで持たせてくださった。

本当の酒好き だと 応対して分かったのと 旅館で買わずにわざわざ訪ねて来てまでも買って
くれたこと それに夫がその地の杜氏や酒蔵について聞きかじりでも知識があったことが
店主ご夫婦には 嬉しかったのかもしれない。

お酒を買うと 高速で金沢へ向かった。
せっかく美味しいお酒を買ったのだからそれに見合う肴を買いたい となり 目的の行き先は
金沢市内の近江町市場だ。

高速道路を使いおよそ一時間も走れば着いたが 高速に入るやいなや 雨が激しく降って来た。

こんなことも予想できたので 旅館の駐車場を出るときに 二人とも靴を履き替え 雨具も
すぐに使えるよう準備して出てきてはいたが 激しい雨の中の運転は危険だ。
とりあえずは 一番近いサービスエリアに入って 雨をやり過ごした。

来る時もそうだったが 激しい雨脚は長くは続かないから 用を足し店内をブラブラしている
うちに もう小止みになった。
そして 近江町市場の駐車場へ車を入れる頃には また青空が戻っていた。

何を買って帰るか は夫の思い次第だから 強い魚の匂いがする通りのあちこちのお店を
のぞいて歩いた。
昔 来た時にはもっと広かったような印象があったが そうでもない。
行きつ戻りつしながら 夫のほしい魚とお店を決め ハッポウの保冷箱に入れてもらった。

目当ての魚さえ買ったら あとは帰るだけ。
兼六園や茶屋街の市内観光もせず 途中 二ヶ所のサービスエリアで休んだだけで
ただひたすら 東海北陸道を走って帰って来た。



スポンサーサイト



起きられた!

お部屋で夕食 露天風呂

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)