FC2ブログ

今日の予約患者数 千四百十一人。

また今日も その中の一人になって 診察 トリガー 点滴 を受けた。

まず診察室で 医師に先週の木曜日からの体の状態を話した。
木曜金曜の二日とも 痛み止めの注射と点滴を受けたことも もちろん話した。

とんでもない激痛と引き連れで 熱も三日ほど出て 昨日までほとんど寝たり起きたりで
過ごしたこと など細かに話すと 医師には

以前にもお話ししたように 早いと三ヶ月くらいで効果がなくなることもあるので……
でも 何回でもできる手術ですからねぇ……
まあ 少し様子を見ましょう。

そう言われ いつもだと十三ヶ所くらいのトリガーを 左足も含めて十六ヶ所くらい
してくださった。

念入りにされたからか 足も腰も 打った後がいつもより痛む。

今日はそのあと 久しぶりに駅の図書館や本屋へ行こう と 昨日まで思っていたが
昨夜 叔母から病院の帰りに寄って との電話があり バスとタクシーを使って行った。

私たち夫婦と一緒にマッサージに行って以来全く外出していないのでストレスが溜まって
しまい それで通販で 段ボール一箱に何枚もの洋服を買ったが いざ届いてみると
自分には大きくてサイズが合わない それで それらを もし私が気に入れば着ないか

というのが 叔母の用だった。

お昼に と モールで 購入して行った叔母の好みのネタが載っている握り寿司を食べる
のもそこそこに 叔母がやおら持ち出した段ボール箱には 本当に 何枚もの洋服が
積み重なって入っていた。

見ると 私でさえ大き過ぎる物もあったので どうしてこんなサイズを頼んだのか 聞くと

私は標準より裄が五センチも長いので M寸では手首がずいぶん出てしまうから
いつもL寸を買うのよ 今回もそう思ってL寸を頼んだはいいが いざ商品が届いて
着てみると 目を悪くしてからいっそう痩せたらしくて 身幅がガバガバで着られない
おまけに大半は 購入時に 返品交換不可 と承知しての物だから もしあなたが着られる
なら着ないか

と言う。

ファッションショーよろしく 袖を通し足を通しして 全てを試着してみると
私なら着られるものがほとんどだったので 遠慮なくありがたく頂くことに。

二万八千円の値札が付いていて 叔母が柄が気に入って取り寄せたという 薄手の丹後縮緬の
コートは M〜Lサイズなのにもかかわらず 私にも肩幅も身幅も大きくて着られなかった。
これは返品ができたので さっそく返品票を記入し 宅配業者に渡すよう荷作りした。

叔母ではないけれど 徐々に体重が落ちてきたこともあって 同じL寸でも
寸法ギリギリで ゆとりなく作ってある通販の洋服でも 最近の私は着られる物が多い。

ウール百のブラウスやアルパカのカーディガンなど 結構質のいい品ばかりだったから
中には 私ならこの色味や柄のものは買わないな と思う品もあったが どれも新品だし
家に居て着るには 申し分のない物ばかりだ。

秋から初冬にかけて着る普段の洋服が これで買わなくても揃ってしまったようだ。

叔母は 自分が着られなくても 大量に洋服を買ったことで

アァ〜!ストレス発散できてスッキリしたわ〜〜!

と 言葉通りの顔つきで言っていた。

私は このような買い物の仕方を これまでもしたことがないしこれからだってできない。
だから 叔母の心境は想像もできないけれど でも そんなことが出来たらさぞかし
楽しいだろう とは 思える。

大量に洋服をいただいて嬉しいのはもちろん嬉しいが なんだか嬉しい気持ちを飛び越えて
不思議な気分で帰って来た。






スポンサーサイト



孫たちとのビデオ通話

まだ 大丈夫かも⁈

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)