FC2ブログ

東京に住んでいる娘の孫たちと 時々ビデオ通話をする。

以前はスカイプでやっていたが ラインができるようになってからは 無料ということもあって
もっぱらラインのビデオ通話を利用している。

料金がかからないので 娘家族が海外に滞在している期間でも 何回かかかってくる。

国内にいるときには 大抵は 孫たち自身に何か変化があって それを私たち夫婦に伝えたい
ときに かかってくることが多い。

二人の孫は 翌朝早く起きなくてはいけないので 就寝も早い。
だから かかってくるのは 彼女らがお風呂も夕食も済ませてからの時間になる。

ところが その時間帯が問題で その頃は 私は整形外科へ行っていてリハビリの最中だったり
帰って来て直ぐにキッチンで忙しなく夕食の準備をしているか あるいは夕ご飯を食べていたり
で こちらにゆとりのない時間帯なのだ。

でも 可愛い盛りの孫たちが 目を輝かせてあどけなく話す様子や 甲高い声での 大人にすれば
他愛もない話は 夫と私の心を和ませ笑わせ 生きる力をくれる。

今日も ちょうどマッサージを受けている最中に ラインの着信音が鳴った。
この時刻にかかってくるラインは孫たちからだ と承知してはいても出ることができない。

迎えに来てくれた夫が 👧🧒と話していたところだった お前にかけても出なかったらしい
今日はスイミングの昇級テスト日で 二十五メートルを泳ぎきれた と話していた と言う。

きっと嬉しかったのね と思いながら帰宅して 夕ご飯を食べ始めると またかかってきた。

夫とは携帯での声だけだから どうしても直に顔を見て話がしたかったらしい。

パッドは居間のテーブルの上に置いてあるのだから夫が出ればいいものを 彼は絶対に
自分では出ないから 私が初めに出ないとビデオ通話ができないことを知っていて また
かけてきたのだった。

上の孫が映って ああこれを見せたかったんだなあ! と直ぐに気づいた。
彼女の前髪が 異常に短くなっていたからだ。

どうしたの⁉︎ その前髪⁉︎短いわねえ!
(なんだか切り口が斜めになっているような……^。^)

そう 短くしたんだよ 短いほうがよかったの!ママに切ってもらったんだよ!
ホントはね もっと短くてもよかったんだけどね〜
(いつ頃からか それまではマミーと呼んでいたのをママと言うようになった 友だちの
影響か 名前とかぶるからなのか)

すると 画面には映っていないところから もっと切れもっと短くってうるさくてねぇ!
と とうのママの声が。

笑ってしまった。

思春期だったら 絶対にママに それも斜めになんて切ってほしくないだろうに こんなことも
あと数年のことだろう。
その時期を 母娘で精一杯楽しめばいい。

そして話したかったのは 二年生になった九月から学校で日本語が始まって その教科書が
七月にこちらの小学校にお世話になっていた期間に 学校から貸与されていた教科書と
同じ教科書だということも だったようだ。

それと スイミングでの試験で二十五メートルを泳ぎきれたこと の二つが 上の孫が今日
主に話したかったことのようだった。それも どうしても顔を見ながら会話したかったから
またかけてきたらしい。

下の孫は 日本でいう幼稚園だが 高校までが一体の学校だから 九月に入学した形になった。
そのクラスでのことや 覚え始めた「あいうえお表」を見せて 「あ」 から 「ん 」 までを
そらで言えるところを見せたかったようだ。

そのビデオ通話だが 最近では少し収まってきたものの 二人がこぞって 声高に話したがる
ものだから そのバトルの有様の騒々しいこと騒々しいこと!

悲しいかな なにせ二人には四歳の年齢差がある。
だから勢い 語彙も豊富な上の子が どうしても画面を占領してしまう。
その隙を狙って下の子が話そうとするが 言葉を探しているうちに また上の子が話し始める。
それでバトルが再開 となってしまう。

それでも 我先にと話す内容に相槌を打って 二人の話すしぐさや顔を見 声に耳を傾けるのは
実に楽しい。

こうして直に 今、今 のことを見 話せるなんて いい時代を生きている。

そのうち ママの もう今日は終わりよ じいじとばあばに「ナイナイ」しなさい という声が
画面の外から聞こえてくる。
「ナイナイ」」とは イギリスでの「おやすみなさい」に当たる幼児語らしい。

すると今度は どっちが切るかでまたバトルだ。

そうして 突然にようにビデオ通話が終わる。

明日は日本語の学習が通常の学習時間の前にあるから 明日の朝は六時起きで七時には
家を出る と言っていた。

学ぶことが好きな子で わがままに育っていなくてよかった と つくづく思った。

二人の孫たちは 複数の国籍を持つがゆえに 学ぶこともその分多い。

どうか 素直で学ぶことが好きなまま大きくなっていってほしい と 切れたあと
しみじみ願ったことだった。


スポンサーサイト



やっぱり中毒だわ

相も変わらず今日も大学病院 その後が思いがけないことに……!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)