FC2ブログ

今年に入ってから 次男の体調がずっとよくなかった。

体調が思わしくないと気持ちもそれに比例するし 結果 気が集中できないからだろう
次男は 数針も縫う怪我も含めて 怪我を何回か繰り返していたらしい。

毎日遅くまでの残業 土曜日も出社して残業で たまにしか帰って来ないから そんなに
何度も怪我をしていたことを 夫も私も知らなかった。

九月に入って 弱気のマイナーなメッセージを ラインで送って来るようになった。

一応 怪我は労災指定されて 時々は治療に行っていたらしいが なにせ通院する時間が
ないために 思うような治療ができないまま 日が過ぎていった。

無理して働きながら 一方で どうやら社内で傷つく言葉を浴び続けていたようだ。
それが次男の心を疲弊させていったらしい。

そんなこんなで 次男が次第に精神的に追い詰められていくのを感じた夫と私は
これは放っておけない時点に至っているのでは と次男の様子に 徐々に危ういものを
感じるようになっていった。

そしてとうとう先日の朝 会社へ行くのが怖い と 出勤前の夫に電話してきた。

こういう時の夫の判断は早い。

これまで診察してもらっていた医師がとても理解のある医師で 次男の様子から単に身体的な
ことばかりでないと診断され 気持ちが軽くなるような薬を処方してもらっている と
以前に次男から聞いていたので 今日は会社へ休むと連絡しておいて病院へ行き 医師と話して
休養できるように診断書を出してもらえ 土曜日に迎えに行くから と 伝えた。

実は今日の土曜日は 以前から いつもの友人と海釣りに行く予定が組んであった。
それを 次男との電話を切るや即座に友人に電話し断った。

一ヶ月の休養を要する との診断書は受理され 次男は治療と休養に専念できることになった。

そして今日 夫が次男のアパートへ行き とりあえずの荷物をまとめさせて 連れ帰って来た。

連れ帰ったといっても 息子は彼自身で自分の車を運転してきたし 帰って来た様子を見ると
思っていたより落ち着いていて 少し安心した。

しばらくは 体と心の硬い結び目が解けるよう ゆっくり養生させるつもりでいる。

息子は休職後どうするか の 大きな問題があるが 先々を考えても仕方がない。

息子の気持ちを第一に考えながら見守ることが 今 親としてできることだろう と思うから。


スポンサーサイト



やっぱり良くないんだねぇ……

つかの間友と会い 今年もあの香りの季節になったと気づく

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)