FC2ブログ

二階にあるトイレは 泊まり客がないかぎり 普段は あまり使わない。

夫が 着替えにあがったときや たまたま下のを私が使っているときに 使うくらいだ。

先月のある日 夫が使った後に タンクの脇に 水が少し溜まっているのに気づいた。
手洗いの水が はねてこぼれたにしては おかしかったらしい。

工具を持って何かいじる事が大好きな夫は すぐさま工具箱を持って上がり
どこからか漏れているのでは と あちこちなぶってみたようだ。

こういう場合 放っておくと 夫はだんだんこうじてきて 傷んだ箇所をより傷めて
しまったりすることがある。

出勤前だったこともあって これ以上は夫の手にはおえないらしい と思える頃合いに
水道屋さん呼んだら?仕事に遅れるし と さりげなく言うと 夫もあきらめて
修繕を頼んだ。

要は 温水暖房便座の 水道とつないでいる管のどこかが悪くなっての水漏れらしい。

家を建てて三十五年も経った。
これまでにも お風呂のボイラーが悪くなって 替たりしてきた。

使用頻度の多い一階のトイレも 前に替えた便座のリモコンの調子がおかしくなってきた。

それで 二階のトイレは 修繕を頼むよりいっそ便座ごと新しくすれば つなぐ管も新しく
できるし それに この際だから と 一階の便座も一緒に替えることにした。
そうすれば リモコンも新しくなる。
便器ごと替える とも考えたが そうすると大ごとになるし 今のところそこまでは必要ない。

ところが 水道屋さんは 台風の被害で沢山の修理や修繕の依頼を受けていて
我が家のような軽微な修繕をするまでには 日にちがかかるがいいか と言われた。

つい先ごろの台風で 我が家の狭い周辺こそ無事だったものの 市内も周辺の市も
かなりの打撃を受けていたから インフラの工事屋さんは 大忙しなのだそうだ。

待つことおよそひと月半 ようやく我が家の番がきたらしく 昨日 夫に連絡があって
今日 午前中に来てくれることになった。

これまで 水栓を止めて専ら下のトイレだけを使ってきたが 息子が帰って来てからは
一時的にしろ三人家族になり トイレが一つだけでは 不便さを感じていた。

トイレが悪くなり 私が動けなくなり……

人も物も 年とともに「変化する」のが自然なのだから「加齢」や「老化」を
マイナスのイメージで捉えてはいけない と 何かで読んだか聞いたかしたことがあるが
どれだけ明るく考えようとしても 経年による老化や加齢からは 次第に フレッシュ さ
から遠ざかるイメージしか浮かんでこない。

ただ 救いなのは 経験や体験から培われたモノは確実にある といえることだろう。
しかし それだって 体が動かなくてはどうしようもない というものだ。

「女房や畳」だけではなく「世の中のものすべて」は 新しいほうが断然いいに決まっている。
スポンサーサイト



新しい便座

徐々に痛みは和らいではいるが……

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)