FC2ブログ

途中 渋滞していた と言って 夫と息子は 七時に家へ帰り着いた。

夫一人で友人と行くときは めったに期待できない釣果が 今回は 小物ではあったが
大きなアイスボックスいっぱいにあった。

処理に手間がかかるのと利益がないのとで 市場には出ない 鯛の仲間の魚なのだそうだ。

直ぐに 夕飯に食べる分を夫が処理して塩焼きにした。
味は鯛と変わらない。

ご飯を食べて一休みした後 夫は 一塩の干物にするように 処理にかかった。
数が多いから時間もかかり 全部を 頭と内臓をとり背開きにし終えたのは十一時。

それから後は 私の仕事。
それまで横になっていた私に声をかけ 塩水を作って干物になるようにしてくれ と
言われ ぬるま湯を準備してその量の一割の塩を入れた塩水を作り その中に十分の間
浸しておいた。

そのあと干し網かごに並べて ベランダの物干し竿にかけておく作業は また夫が。

いつも家の中にいる息子は かなりの気分転換になったらしく 終始機嫌が良かった。

息子は夫よりたくさん釣ったのだそうで 残念なことに 釣り上げた魚を受ける網が
強風に吹き上げられて海に落ちてしまった と 本人たちはそれほど残念な様子もなく
その時のことを語って聞かせてくれた。

その網だとて 新しく買う際にはそこそこの値段の物なのだろうに と思いながらも
息子の明るい顔を見ながら 治療代だと思えば仕方がないかと 内心でため息をついた。

さて 今日の空日に干された魚の味は どんなだろう。
スポンサーサイト



荷造りはいつもたいへん

懐かしい!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)