FC2ブログ

腰を痛めて寝込んでから 久しぶりに Iさんと会った。

Iさんは 私の腰の具合を心配して 二十八日に手術したあと回復してからゆっくり会うことに
してもいいのだが と言ってくださったが 私は なんでもさらけ出して話せる Iさんと
今回 どうしても会いたかったし 思ったより腰の具合もいいので ぜひ今日 と
お願いして 昨日 お昼ご飯を一緒に食べたあと 場所を移してお茶をしながら 話した。

私からは 今回は やはり息子のことが多かった。

彼女は 小学校の二年生ごろから息子のことを知ってみえるので 話しやすかったこともある。
それもあって 昔から彼女に 息子を育てるにあたっての悩みを聞いてもらってきたので
話しても よく理解してもらえるだろう という気持ちもあった。

彼女と会いたい という思いの主たるところは 多分そこにあったのかもしれない。

そして 話を聞いてもらえば 自身の気持ちを整理したり落ち着かせたりさせてもらえるだろう
という 今に始まったことではない彼女に対してのもたれや甘えがあった。

昨日も 彼女は私より十近くも若いにもかかわらず 気長に話に付き合ってくれた。

話して楽しい気持ちにさせる よく話を聞いてくれる人 というのは 頭の回転が早い。
また 話を聞きながらその内容を想像できる人でないと 真の相づちも打てないし
会話も続かない。
そして 何よりも「こころ」のある人でないと 他人の話を聞けない。

そうでない人は たとえ聞いる風でも 心の深いところで理解してくれていないから
話し手はそれを敏感に感じてしまう。

そういう点からすると Iさんは 本当に人間性の深い女性だと思う。

でないと こんなことまで話して大丈夫だろうか と いちいち考えながら話すことになって
しまい 結果 無駄な時間を過ごすことになる。

Iさん 毎回毎回 愚にもつかない話を 長々と聞いてくださって 本当にありがとうございます。
感謝 感謝です。

あなたと会って話すと 心に清々しい気が流れるような そんな気持ちになれます。

これからも よろしくお願いします。
スポンサーサイト



入院手術そして退院

少しずつ落ち着いてきてはいるが……

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)