FC2ブログ

今回 もともとは八階に入院する予定だったが病床が満杯で 結果 入れられたのが
四階の それも小児科の病棟だった。

そうなったのは私一人だけでなく 内科の女性患者二人も 同室になった。

個室もいいが よほどの様態でない限り 私は一人になりたくないから たいがい
いつも同室者がいる。

入れられた病室は四病床で 先にそこに入っていたのは 重篤らしい幼児だった。

どのベッドもカーテンを引き回しているから中の様子はわからないが 出入りする看護師と
付き添っている母親らしい人との漏れ聞こえる会話の内容や 病室へ患者の様子を診に来る
医師と付き添いとの会話の端々などから その子の病状はうかがえた。

その子は 幼児らしい話し声もかわいい笑い声も まったく発することがなかった。
どうやら 身を起こすことすらできない状態らしい。
そして 流動食に近いと想われる食事をとっている最中でも 嚥下が上手くいかないらしく
必ず途中から苦しみだすのだった。

顔さえ見られなくて 男の子なのか女の子なのかもわからないその幼子は つかの間の
深い眠りの時以外 絶えず うなり泣きをしていた。

どこかに傷があって痛み それに耐えかねて泣く という泣き方やうめき声ではなく
やんちゃや甘えやかんしゃくからのものでもなく ただただ耐えてのうなり泣きだと思われた。

そしてその声は ときには 嘆きかととれるようなか細い声音に変わったりもして 実に胸を
うたれた。

なぜこんなに苦しいのか 苦しまねばならないのか…… そう訴えているうなり泣きの声だった。


何年か前 東京の孫が川崎病になり入院したことがあった。

幸いにも 孫は重篤な容体にはならなかったが それでも 小児病床の高く巡らされた柵の中で
愚図ったり泣いたりしながら横たわる小さな孫の姿は 代われるものなら代わってあげたい と
胸がつぶれる思いがし 母親である娘の心中はどれほどか と 母子ともどもを可哀想に思った。

病いに耐える子も苦しいが そんな子を見守りながら付き添う母親もまた 苦しい。
ましてやそれが重篤であれば 母親の心は張り裂けんばかりになる。

ところが私は 術後運ばれた直後から 偶然向かい合わせになったその小児の病床の二人に
間柄を母子とは感じられない違和感を持った。

だから最初 忙しい母親に代わって誰か身内がそばに付き添っているのか と受け取った。

邪険に扱っているとか というのでは決してない。
親身に世話はしているのだ。
でも 母と子 というには なにか引っかかりを感じるような……
そう私に想わせる様な子どもへの言葉かけだったり世話の仕方のように思えたからだった。

付き添っている女性の 子への声のかけ方や動きに 何か他人行儀な不自然さがあるような
熱さが微妙に足りないような 戸惑いがあるような そんな ほんのかすかな感覚だった。

母親にとって 幼い子は まるごと自分の分身のようなものだから 口をついて出る子への
言葉かけは 子が重い病いにあればなおさらのこと 深い愛情の発露からのものになろう。
だから 声音や口調も 当然 自然に甘くなったりもするものだし その動きの時なら自然に
出るだろうと想える言葉もあるものだ。

それが 看護師らから ママ と呼ばれる女性から 私には感じ取れなかった。

とはいえ見ず知らずの他人のことだし 深い部分での母親の心が私に汲み取れなくても
それは仕方のないこと しょせんは関わりのないことではある。
彼女は彼女なりに子の世話に一生懸命なのだし だからそのことにこだわっていたわけでも
興味があったわけでもない。

私は私で とにかく収まらない痛みを抱えて 寝返りもままならない状態だったのだから。

しかし そんな中で 感じていた違和感が それでなのか と分かった時があった。

付き添っていた女性と看護師の会話が聞こえたときのことだった。
看護師はどうやら妊婦であったらしい。
付き添っていた女性が看護師に 今 何ヶ月? と聞き 受け答えた後 私も七ヶ月なんだけど
何せ初めてだから云々 という声が……

エッ!?初めてのことって……? やっぱり……だからだったのねぇ……。

人の言動は 実におそろしい。

直にではなくカーテン越しに聞こえてくる言葉や伺える動きだからこそ 感じとれる
真実があった ということか。

存在丸ごとをかけがえのないもの 愛しいもの と どれだけ深く思えるか
その思いの度合いが これほど知らず知らず漏れてにじみ出てしまうものだったとは。

それは 思い というよりは むしろ 母子間にある絶対的な動物的な感覚 からしか
生まれてこないなにか と言っていいものなのかもしれない。


おそらく 女性は その子を可愛がっているには違いないのだ。
だから 身重でありながらも 昼夜の区別なく四六時中付き添って世話をしているのだ。

でも それでもなお 同じ色の魂にはなりきれない何かがある ということなのだろう。

そう思うと 絶えず唸るように泣いている幼子の声に 自分がみまわれている重い病いの
ほかに 自身ではどうしようもない運命の嘆きまでもが混じっているように感じられて
他人なのに よけいに 哀れとも可愛いそうにとも思えた。

与り知らぬところで 母親と別れなくてはならなかったのか亡くなってしまったのか……。


一言の言葉すらかけられず 顔すら見ないままになってしまった子ではあったが

あの幼い子の病いが どうか どうか 軽くなりますように……
無邪気な高くて澄んだ声で 笑ったり話したりできる日が どうか早く訪れますように……

幸せな長い人生が どうかどうか あの子にありますように……。











スポンサーサイト



血圧が……

入院手術そして退院

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)