FC2ブログ

一昨日の夜は 天気予報でも 夜は晴れるからよく見える と言っていたので ふたご座の流星群
を見たくて 夜更けに外へ出て空を見上げた。
でも見上げた空は 残念ながら 真綿を引いたよう に薄っすらと白い雲が広がっていて
流れる様子を見ることができなかった。

でも昨夜は 思いが通じたのか 夜空は ときどき薄雲がかかるもののよく晴れて 冬の星々が
墨色の中にくっきりと輝いていた。

東に寄った南の空にはオリオン座が その近くには冬の大三角形をかたどるシリウスが白く輝き
その逆の方向のわずか上には こちらは昴が ぼんやりと だ円の塊になって光っている。

思っていた以上に星空がきれいだったので もっとよく見ようと 夫が小さな双眼鏡を
持ち出した。 それで見ると 昴は七粒ほどの輝く星とたくさんの小さな星たちの塊になっていて
確かに星団なのだと分かる。

オリオンの三つ星の下にも 肉眼ではよく見えないが 縦に並ぶ明るい三つの星が確認できた。

そうやって空を仰いでいるうちにも ときどき サーッと星が流れていく。
高い天空から流れていくもの 中ごろから流れて消えるもの……長く短く様々に流れては消える。

夏のペルセウス座の流星群ほどではないが それでもアッ今流れた!……… また流れた!と
そんなに間を置かないうちに いくつもの流れ星を確認できた。

高速道路の工事に伴ってできたカルバートの灯りが 外へ出ての星見をしづらくしてしまった。
でもベランダに立って我が家の増築した部分を背にすると そのカルバートからの明かりを
運良く遮ってくれ 今はまだ きれいな星空を仰げる。

しかし 着々と進行している高速道路や料金所の工事が完成して たくさんの照明が 夜通し
煌々と灯されるようになれば こんな星空は見られなくなるかもしれない。
夏も冬も 今までのように 星のきらめく夜空を見たいものだが……。

一年後のこの時期に 今夜のような星空や流星を見られなくなったら と思うと
もう一つ見たい……もう一つ流れるまで……と 冷気を感じながらも 着ぶくれた姿で
流れては消える星の数を数えながら二人して夜空を見上げ なかなか家へ入れないでいた。



スポンサーサイト



物の価値

ヤッパリ駄目だって!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)