FC2ブログ

先日の雨の日 玄関先の軒下に置いてあるいくつかの花鉢を雨に当てようと 夫が
持ち上げたとき 長い長いムカデが鉢底についていたらしく 夫の足元に落ちた。

驚いた夫は「ワーッ」と大声をあげた瞬間に ムカデを見失ってしまったから大変!
体に着いていないか 足元から伝って上がって来てるのでは と思ったが それは
なかった。

大慌てで探すと いたいた!
すばやく足で踏みつけて なんとか成仏させた。
でも夫は「オイ どこかに連れ合いがいるはずだから 鉢を戻すときに気をつけないと
刺されるぞ」と 気を抜かない。

大人のムカデは 必ず二匹が番いで生活している。
夫婦で暮らしているのだ。

私はこのことを 去年か一昨年 初めて知った。
それは強烈な体験だった。

夫のように外に置いてあった小さな花鉢を持ち上げた途端 二十センチもあるムカデが
地面に落ちた。鉢底に隠れていたのだ。

ビックリして側にあった物で叩こうとした時 向こうからもの凄い速さで走って来る
もう一匹のムカデが目に入った。

その様子は 仲間か何か とにかくそのムカデにとって とっても大切な存在のムカデ
の災難に 取るものもとりあえず 猛スピードで駆けつけて来る という風に見えた。

足元に落ちたムカデより そのムカデの様子に驚いてしまった。

あとで夫から 大人のムカデは必ず番いでいる と教えられ またまた驚いた。
そして なるほど だからだったのか と 納得がいった。

連れ合いが 今 正に成仏させられそうになっているのだから あのムカデにしたら
この世の一大事に違いなかった。
だから 人間に例えたら 転げまろびつ一心不乱に連れ合いの元へ駆けつけた と
いうところだったのだろう。

その走って来る勢いに怖くなった私は もう夢中でそのムカデもやっつけた。

あのとき このことを夫に話したから 夫もしっかり覚えていて
「気をつけろよ、連れ合いの敵討ちをしようと狙って来るぞ〜!」
と 笑いながら でもちょっと本気で 私に言った。
スポンサーサイト



できるなら...行ってみたい

夫とマッサージへ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)