FC2ブログ

なぜか一昨夜は気が立っていて なかなか寝つけなかった。
仕方なくベッドから出てリビングへ行き テレビをつけた。

すると 真夜中にもかかわらず 旅の番組が放送されていた。
旅の場所はベトナム。
画家の城戸真亜子が 最近では 若いベトナム人カップルにも人気だという
ハノイなどの都市へ高原野菜を育てて供給している 高地の「ダラット」という
町と周辺の地域を旅し訪れていた。

ダラットは ベトナムがフランスの統治下にあった時代 フランス人たちが
高級避暑地として開発、豪勢な別荘を建てて 暑い夏の間 優雅に涼しく過ごした
土地だった。
だから 町はどこかしらフランス風な瀟洒な建物や教会などが今もあり きれいな町
が映し出されていた。

最近は 朽ちかけ放置されていた建物を買い取り リフォームして再生させ住み着く
ヨーロッパ人も出てきているらしい。
それほど今もなおヨーロッパ人を惹きつける魅力的な町らしい。

ベトナム最後の皇帝も 自ら国創りをしようとして挫折し 果てにここに豪壮優美な
別荘を建て 過ごしたという。
だから 皇帝が楽しく快適に過ごすために作ったゴルフコースもあり 今もここを
訪れプレイするハイクラスのヨーロッパ人がいるようだ。

暑いベトナムには一般には生えない美しい松林があるこの地は ベトナム人の
新婚旅行先としても昨今大変人気があって 松林を背景に写真を撮り それを帰って
から皆んなに見せるのが最近のトレンドになっている ともナレーターが語っていた。

そこだけの独自の時間がゆったり流れているような そう見せるように作られた番組
だからなのだろうが ついつい引き込まれて最後までみた。

真面目で勤勉 明るくて前向きだという国民性も 日本人には馴染みやすそうだ。

貨幣価値からいっても 旅先としては魅力的な国だ。

美しい街並みや風景 風にアオザイの裾をなびかせて行き来する女性たち・・・
なだらかな高地で栽培されている一面緑の野菜畑・・・

観ているうちに もし行けるものなら ぜひ行ってみたい と思った。

もしアジア圏でどこかへ行ける とすれば 一番はベトナム と決めた。
もし行けるのなら・・・。


スポンサーサイト



久しぶりに会食

ムカデ愛

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)