FC2ブログ

「平成最後の日『に』」というより 「平成最後の日『だというのに』」と言う方が
私の場合 正しいだろう。

夫の車で大学病院へ行き いつもは玄関前で降ろしてもらうのを 今朝は 建物内に
設けられた身障者用の乗降場 まで車を入れてもらい 車椅子をそこまで待って来て
ボランティアの方に押してもらい 受付や麻酔科へ行った。

いつもなら杖をついて歩いて診察室に入るのを 車椅子で入ったものだから 医師も
「どうしたの⁉︎」と ビックリして 開口一番 大声で言われた。

状態など訳を話した後 レントゲン検査。
しかし 骨には変わりがなかった。
やはり この強烈極まりない痛みの元は 神経のようだ と 医師の説明。

この今の痛みを考えると 今まで何回となく繰り返して来た神経根ブロックではなく
癒着しているのは間違いないだろうから 背骨に沿ってカテーテルを入れ薬剤を注入
すると同時に今まで同様の神経根ブロックをする と言う方法の手術の方がいい と
思う とも話された。

ところが 手術しようにも手術室が五月いっぱい は空きがない 。
それに 血液サラサラの薬を飲んでいるので 最低手術前一週間は その薬を止めなけ
ればならない。

それで これからの一週間その薬をやめて 来週の火曜日に 処置室でできるだけの
簡易手術のようなものをして様子を観る ということになった。

そして 今使っている痛み止めをやめて 出たばかりのもっと強い新薬の痛み止めを
処方していただいた。
一日二回飲む薬だが 今まで新薬を処方されると 中には副作用が強くて辛くなる
ことが度々あったから 少し不安がある。

しかし そんなことは言っていられない。
とにかく 効くのであれば どんな薬であっても試してみる。

「平成最後の日」とあって 日本中が回顧と感謝と名残を惜しむムードいっぱいで
テレビなどどの局も関連の番組ばかりで 日本のあちこちではお祭りのように
盛り上がっているらしい。

なのに そんな記念すべき日なのに 私は思ってもいなかった最近にない痛みに
悩まされている。

平成も残り三時間半になった。

内にあっては 夫も私も父や母をおくり 子のうち二人が結婚し 彼らの連れ合いと
新たに誕生した四人の孫たちを家族に迎え 一家の中心として過ごしてきた 平成という
時代だった。

外にあっては 天変地異が繰り返し 人智をもってしても未だ解決の道すら得られないという
未曾有の大惨事までが引き起こされ 平安の中に一抹の危うさが感じられる時代へと変遷
してきた この平成であった。

新たに始まる「令和」の時代が どうか平和で喜びの多い時代でありますように。

戦争の足音など大きく聞こえることのない時代となりますように。

誰もが 明日への希望と生きる勇気を持てる そんな時代でありますように。


スポンサーサイト



元号が変わって明日には娘家族が来る

痛み止めを倍増服薬

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)