FC2ブログ

昨日はまた大学病院受診。

予約患者数千三百七十一人。
相も変わらず すごい数だ。

その中の一人になって診察を受けた。

来月十二日に予約してある神経根ブロックの話と その後の様子を観てのことに
なる 次の手段としての機器を体内に埋め込む療法について 詳しい説明があった。

現在ではこの 機器を体内に埋め込んで 外部からそれをコントロールして
背骨に信号を送り 脳が出す痛みの神経を緩和させる という療法が 痛みについての
最高のものらしい。

実際 長年強い痛みに苦しんできた人が この療法によって痛みがとても緩和された
という実例集の冊子も頂いて来た。

考える余地がある ということだ。

しかしは 当面の痛みを緩和することが第一で 前々回から処方されている新薬の
痛み止めを倍増して 今まで処方されてきた薬とともに服薬することに。

ところが 一錠だった時は良かったが昨夜二錠飲むと てきめんに副作用が!
しかし 強いだけあって 痛みは確実に軽減された。
が 腰の痛みには確かに効いているが その反面 左足の痺れと締め付けるような
感じと重だるい感覚がものすごい。

とはいえ 痛みが軽くなると ほんとうに楽になる。

副作用をできる限り耐えて痛みを緩和するか 飲まないで痛みを我慢するか。

痛み止めは脳の薬と言ってもいいくらい脳を刺激するから これほどの副作用が
起きる薬は 正直言ってこわい。

効き目は弱くても 朝からは また一錠だけを服用することにして 来週の受診の
時に 医師に説明することにする。

どうして処方される新薬が どれも私の体に合わないのか。

まったく 人生の後半を 痛みの中で送れ とばかりの在りようにうんざりする。


スポンサーサイト



三ヶ月ぶりに会って

息子が一人で彼の姉の家へ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)