FC2ブログ

昨夜 珍しく三人でテレビをみていると 突然 地震発生のテレップが流れた。

それも震度六強と六弱 すぐさま津波注意報が発せられ 予測一メートルだという。

地震が発生した場所は新潟と山形の県境付近で この辺りで過去に発生した大地震を
思い起こさせた。

その頃 まだ在職中だった亡父は新潟へ数日出張し 帰って来た直後の地震だった。
帰りが一日延びていたら 大惨事に巻き込まれ鉄道も止まっていた状況下で いったい
どうなっていたか と 運の良さに感謝しながら現地の被災したひどい有様を 新聞や
テレビで見 家族で心配したことだった。

今朝になって あの時ほどではないようだが被災状況がボツボツ分かってきた。

日本各地の県がそうだが 新潟にもその土地に根付いた産業や手仕事がある。
あの地震の時には その手仕事を主とする織物業が壊滅状態におち入り ようやく
昨今になって元に戻ってきたところだったから 昨夜は またか⁉︎という思いが
よぎったが 今回は被害が出ていないようだから嬉しい。

それにしても 日本列島は 大地震多発周期に入っているらしい。
どこで起こっても不思議ではない。

先日 I さんと会った折に 救急の持出袋をどこに置いておくか の話になった時
彼女から 車の中に一つ入れておくといい と教わった。

我が家は 二階に一つ玄関に二つ寝室に一つ置いているが 車の中に との考えが
なかったから 目からウロコだった。

役に立つ事がなければ それが一番だが 家が壊れて数日を外で過ごさなければ
ならなくなる場合もある。
その時 車が無事で 車中になんらかの救急物資が積んであれば それはおおいに
助かるだろう。

頻繁に起こる地震の備えをもっと真剣に考えねば とあらためて思う。



スポンサーサイト



「百人一首を書く」筆が決まった

日曜日 父の日そして誕生日

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)