FC2ブログ

ここ何ヶ月のうち 初めて知ってビックリした事で覚えている事 といえば

神経根ブロックする際には 必ず背中を大きくアルコールで消毒してから布が被せられて
その後に手術が始められるのだが 前回手術した時 手術が終わってその布を医師が
剥がすと 私自身は終始うつ伏せの状態だからまったく分からなかったのだが 消毒した
背中一面 真っ赤になったいたらしい。

医師が驚いて「アラ⁉︎どうしたんだろ⁈ アルコールよかったんだよねぇ⁇」
と言われると 看護師が「今まで大丈夫ってことだったんですが これは完全に拒否反応
ですよね」「病棟へも連絡しておかないといけないですね」と返されて その時から私は
「アルコール消毒禁止」と ベッドヘッドの真上の壁に 大書した「アルコール禁止」の
紙が貼られる身になってしまった。

ベッドへ来る看護師にその話をすると「〇〇さんお酒飲めないんじゃないですか?」と言う。

その通りで この歳になっても 夫や子供たちや嫁や婿がいくら美味しそうにお酒を飲んでも
半口も飲めば 「もういい」となってしまう。

だから 利き酒はできるようになって 一人前に銘柄によっての違いは分かるようにはなった。
が 飲めないのだ。

その看護師が言うには「お酒が飲めない人は たいがいアルコール消毒ダメなんですよ。
飲んで 赤くなったり蕁麻疹が出たりするってことは 体の中も同じようになっているって
ことなんですよ。〇〇さんの場合 今までは年齢やなんかに助けられてアルコール消毒しても
拒否反応が外に出なかっただけで 本当はダメだったんじゃないですか?」

知らなかったァ〜!
私って 初めから元々アルコール消毒ダメだったんだァ〜!

だから それ以後 点滴や痛み止めの注射はもちろん 手術の際にも ノンアルコールでの
消毒になっている。

今回の手術の際にも 看護師の「アルコール消毒禁止です」の声かけから始まった。

思いもかけなかった。
私は アルコール消毒禁止 だったとは!





スポンサーサイト



友のありがたさ

ちょっと複雑

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)