FC2ブログ

今日 大学病院で 先週金曜日に受けたMRI検査の結果を聞いた。

前回の検査に比べてどれだけ悪くなっているか が問題だった。

あまりいい結果は出ないだろう と予想はしていたが 果たして 画像を見るに
前回の画像より 五番目の腰椎がかなり狭くなっていて おまけに 今回の画像では
これまで左だけだった狭まりが 右側にも起こっていた。

ということは 現在 時々左足に起こる強烈な痙攣が いずれは右足にも起こる可能性が
大だということだ。

では 整形外科で手術すれば起きなくなるか というと そうではない。
今の左足に起こる症状がそうであるように 術後に痛みや痙攣は おそらく起こるだろう。

一度整形外科にかかってみてもいいですよ と 麻酔科の担当医は言われたが
痛みがなくなる保証がないのであれば あと十年と少し 骨の手術などしないで このまま
いくのが一番いいような気がして そう医師に話した。

今後は まあ臨機応変に考えて対処していきましょう との医師の返事だった。

もし今が五十代なら きっと 手術する方向へと関心や考えが向かうのだろうが もう七十だ。
再手術したからといって 山登りやテニスやバレーボールができるまでには 絶対にならない。
家事がそこそこできてたまに外出できて 年に一、二回娘のところへ行けたら それで十分だ。

そんな自身の今後の望みを医師に話すと そうですね、あまり高望みしないで穏やかに
暮らせるように と考えた方がいいかもしれないですね。 と 医師も言われた。

そうしていくために その都度その都度考えて できることを対処していきましょう。

最後に医師はそう言われた。
そうやって診察室での話が終わり トリガーと点滴をしてもらう処置室へ移動した。



スポンサーサイト



宅配寿司屋さんが開いた新しいお店

思っていたよりも元気があって

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)