FC2ブログ

痛みが緩和したおかげで 来月に予定されている叔母の股関節置換手術前
の各種検査や手続きに 今日は朝から大学病院行きに付き添った。

先月のかかりつけ医からの紹介での初回の大学病院整形外科受診には
夫が仕事を休んで付き添った。

前に何度も書いているが 叔母は難聴の障害者なので 正しい聞き取りが
できない。

その上 最近は股関節の軟骨がなくなっていて 激痛が 歩行さえ
困難な状態にしてしまっている。

だから どうしても本人だけで受診したり一階二階と移動しながら
各種検査を受けることができなくなっている。

今日の医師の説明では 軟骨がなくなっている状態で無理をして動いた
結果 股関節内で細かい骨折までもがいくつも起こっており 手術しか
痛みをとる方法はない とのことだった。

医師の説明は実に丁寧で それでいて簡潔で こちらからの問いにも
しっかり答えてくださり とてもよく理解できるものだった。

診察前にした検査は レントゲン二種にCT検査 採血七本に心電図
呼吸器検査 リハビル室でのビデオ二本視聴 術前にする自己リハビリ
の仕方などなど 盛りだくさんだった。

その後 術前管理センターでの面接と説明があり最後に入院管理センター
で入院に際しての説明を聞き手続きをしてようやく会計を終え今日は終了。

本当は今日は この他に自己血の貯血をするはずだったが 様々な検査に
回っているうちに 本日の貯血の人数がまんぱいになってしまい
改めて金曜日に行くことに。

貯血するのに 人数に制限があるとは知らなかった。

金曜日には その貯血前に薬剤師と看護師との入院に際しての面談をする
ことになっている。

叔母は 次第に痛みが激してくるうちは 薬やマッサージ 注射や
安静にしていることで治せないか と考えていたようだが 事ここに
至って 医師に 手術しかない!とはっきり告げられて 内心では
渋々なのだろうが 手術するしかない と覚悟を決めたようだった。

九年前に胃癌で胃を全摘しているし難聴と激しい耳鳴り 片目の白内障 
酷いメニエール などなど そうでなくてもたくさんの体の不具合を抱え
ている叔母だから 八十を過ぎての大手術は心身ともに負担が大きいと
察する。

(そんな大きな手術なのに 要する予定時間は二時間なのだそう。私の
手術が要した四時間半は あれは一体どうしたことだったのだろう)

おまけに 叔母には頼れる家族がない ときている。
高齢になってのことだから なおさら様々に不安もあるだろう。

これまで 叔母に嫌おうなく関わってきた私たち夫婦だから
この状況の叔母を見て見ぬ振りは とうていできない。

幸い私も 手術のおかげで日常感じていた身動ぎの痛みは緩和している。
今日も 車椅子を押して歩くのは難なくできて嬉しかった。

夫ととも なんのかんの言わず できるだけのことはしてあげよう
と話している。

もちろん 無理はしないで。
スポンサーサイト



秋に向かって季節は次第に深まっている

前向きの兆し

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)