FC2ブログ

 今夜 NHKで 阿寒湖のマリモを取り上げた番組を視た。
 今や 世界中で マリモが群れて生息しているのは 北海道の阿寒湖しかないという。
 阿寒湖でも ほんの限られた区域でしか生息していないとも  番組は告げていた。

 マリモは どうしてあのような球体なのか。
 どうして 阿寒湖だけなのか。 どうして特定の区域だけなのか。
 カメラで捉えた事実を通して 研究者と実証していた。

 自然には 本当に人知の及ばない力があることを 改めて驚異を持って感じた。
 しかし 自然とは 全く人間の手や影響が及んでいないからこその 自然だ。
 かつて 世界中に点在していたマリモの生息地が 消失してしまったのは
人間の営みのせいだった。
 きれいな 手つかずの川や森や湖が 本来のあるべき姿でそこにあることは
地球上に人間が生きている限り とても難しいことだとも 改めて思った。

 いったい 私達人間は 今後どうやって生きていけばいいのだろうか・・・。
 いくら考えても しがない一個人には 答えは見えてこない。

 自然を壊さず 自然の営みを巧みに利用して生きているマリモは
もしかして 人間より ずっと賢いのかもしれない。
 人間は あまりにも社会欲や自己顕示欲があり過ぎる生き物だ。
 自然の中で生きることを 真剣に考えなければ 子孫に残すものが益々目減りする。
スポンサーサイト



娘家族が帰国して安心 明日から賑やか

災害があるたびに・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)