FC2ブログ

 午前中 渋る夫に頼み込んで 久しぶりに 産直市場へ行ってきた。
 このところの 野菜の高値の影響が大きいらしく 買い物客で混雑していた。
 レジに並ぶ人をかき分けて 商品棚までたどり着くのが大変なくらいだった。
 どの野菜も スーパーよりかなり安価で求められるから 主婦は殺到する。
 この私もその一人だ。
 朝採りの新鮮な野菜が 飛ぶように売れていく。
 息子と娘への分も買うつもりできたから 二つのカゴは一杯になった。
 長いレジの列に並ぶが あああれも買うとよかったかな と欲が出て来る。

 我が家の畑で 様々な野菜が作れたらいいのだが なにせ毎日世話に通うには遠い。
 だから 野菜は玉ねぎやジャガイモ等の あまり手間のかからないものを植える。
 葉物は 毎日の食卓に欠かせないから 猫の額ほどの庭で少しだけ作っている。
 先日は 茄子やトマトの後に 小松菜の種を蒔いた。
 夫の実家の正月の雑煮は 小松菜を使う。小松菜だけの碗にお餅が入った
簡素な雑煮だ。
 この辺りの家々は すべてこの雑煮を食べる。
 だから お正月に 正月菜と呼ぶ小松菜は 必須の野菜なのだ。
 今 種を蒔けば 年内に一度収穫できるから 来月半ばにもう一度蒔く。
それが お正月頃に ちょうどいい塩梅に大きくなっている。
 せめて お正月の雑煮碗の中ぐらいは 我が家で育てた野菜を と想っている。
 
 それにしても 今日行った産直市場の賑わいは 主婦のお財布の締まりの硬さが
窺われて 面白かった。
 
スポンサーサイト



2050年9月23日の天候

記憶の中の私を綴る ⑲

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)