FC2ブログ

  今年のどんぐりは凶作 随分前から新聞は記事にしていた。
  
  昨夜半から激しかった雨が 午前中に止んだ。
  久しぶりに 散歩した。
  いつもの散歩道には 何本かのどんぐりの木がある。
  初めは小さな細い木だったのが 今では道を覆うほど大きくなって 見上げるほど
はるかに高くそびえている。
  毎年秋になると このどんぐりの木から 道にたくさんの実が落ちてくる。
  それを拾うのが この時期の散歩の楽しみでもある。
 
  それが 今年は全くといってもいいほど どんぐりが落ちていない。
  今日の散歩で拾えたのは たったの十四個。
  去年は 一度に百個はゆうに超える数を拾ったのに。
  それに 毎年ならば おそらく夜分に食べにくるのだろう 
 けものたちの匂いが この時期 辺りに漂っている。
  それが 今年はその匂いが全くしない。
  毎年食べに来るけもの 多分アナグマかなにかだと想うが 
来ても実が落ちていないから どこかよそを探しているのだろうと想う。
  他の山や山裾にだって 今年のどんぐりは少なかろうに。

  食べ物を求めて山をさまようけものを想うと なんだか可哀想になる。
  とはいえ 餌を探して里にまで出没する 熊やいのししの被害が大きくなるのは
困ったことだ。

  拾ってきた今年の貴重などんぐりを 玄関の飾り棚に そッと転がした。
  どんぐりは コロコロと乾いた音を立てて 可愛く無邪気に転がった。
  
スポンサーサイト



秋の夜半

お彼岸

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)