FC2ブログ

 先日 娘から 今度の七五三に着たいんだけど合うのない?あったら送って と
 連絡があった。

 勿論 彼女には箪笥二棹に入りきらないほど 着物を贈ってあるが わが子の特別な
日に 今まで着たことのない着物を着たい という気持ちがあってのことだろう。
 亡母は働きながら 老後に趣味のお茶やお花の時に着たい と随分の着物を作って
楽しみにしていた。
 それまでに作った着物もたくさんあって 箪笥二棹にもなっていた。
 ところが 退職して数年で倒れてしまったから 何枚も手を通していない着物があった。
 実家を他人に貸す時に 全部私の家へ持って来ている。  
 娘は 小さい頃から着物が大好きだったが 長じても着付けの教室へ通って免状を
取得するほど着物が好きで 現在も事あるごとに着物を着る。
 そんな娘だから 亡母の遺した着物も抵抗なく手を通す。今までも何枚か
娘のところへ行っている。 それでもまだしつけをしたままの着物が何枚もあるのを
娘は知っていて 連絡してきたのだった。
 おばあちゃんが大好きだった娘だから むしろ好んで亡母の着物を着てくれるから
私も嬉しい。
 寸法もなんとか合うので 私も娘もありがたい。

 今日は 二階に上がり 日中いっぱいかかって 娘に合いそうなものを
何枚も出した。 ついでに私が着た着物で もう娘が着られるようになったものも
一緒に送ろう とそれらも出した。
 ところが 連絡があった時に あれならと頭に浮かんだ着物が 出てこない。
 仕方がない。 まとめて何枚も送れば その中から娘が自分で合うものを選ぶだろう。

 そうでなくても 私自身の着物も箪笥がギシギシなのに 亡母の物が加わっているから
当然収まりきらず箪笥を新調くらい一体どれだけあるの というほどの数だから
いくら 種類別にして引出しに納めていても 探すとなると大変なのだ。
 腰や足が悪いから なかなか手早く仕事が進まない。
 それでも ようやく選び出して 自分が当日着る予定の着物と帯それに合うように
帯揚げと帯締めを一緒にして 深い箱と浅い箱の二つに入れ 送る準備ができた。

 それを リハビリの後 夫の車で運送店まで運んでもらった。
 合計すればかなり高額になるが 三十万円を超えると窓口で受け付けても
すぐには送れない とのこと。
 何日もかかっては間に合わないかもしれないから 限度額で申告して保険をかけた。

 数日内には東京へ着く。
 一度にたくさん送ったから娘は驚くだろう。そして困るかもしれない。
 今でも二棹の箪笥がいっぱいだからだ。この前 これ以上は入らないから と言っていた。
 でも 私がどうかなれば いずれは娘のところへいく着物だ。明日のことはわからない。
早めに送っておいてもいいだろう。それでなくても こっちもいっぱいなのだから。

 向こうに着いたら 娘はどんな顔をするだろう。
 何枚送ったか 知らせていないから。送るよ とだけは連絡したが・・・。
 
 

 
 
スポンサーサイト



先生 ミスったわね!

未だに江戸物から離れられない嬉しい悲鳴

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)