FC2ブログ

  よく晴れて風もない穏やかな小春日和の日 孫の七五三詣りを無事に済ませた。
  連休で大安おまけに犬の日と 日和がいいから 七五三だけでなく安産祈願や
結婚式もあって 神社は大賑わいだった。
  いつもは静かな境内も まるで街中のよう。
  社殿の中もお祓いの順番を待つ家族で 床几は埋まっていた。

  御簾の向こうでは 厳かにそれぞれのお祓いをする神官の祝詞が聞こえてくる。
  そんな中 座って自分の番を待っていられなくて 動き回ったり大声をあげたりする
子供がいる。
  同じ歳のほとんどの子が おとなしく両親や祖父母に付き添われて待っているから
そういう子は目立ってしまう。 
  他の親や祖父母は なんてしつけのなっていない子 という目で 床几に腰を下ろして
見るともなく そんな子の様子を目で追っているのがわかる。
  それでも そういうタイプの子の親は 不思議に周囲には気を配らない。
  ちょっと考えたら みんな同じ歳の子供なのだから 自分の子も他の子と同じように
振る舞えなければおかしいのだが そうは考えられないようだ。
  きっと親も同じような育ち方をしたのだろう。
  
  今回東京で 神社だけでなくあちこち孫を連れて行ったが そのどこでも同じような
子供がたくさんいることに気づいた。
  わが子が可愛いのはどの親も同じだ。どの時代でもだ。
  それでも親は 自分の子が社会で生きていくために必要不可欠なことは躾けてきた。
  それが昨今の親は まるで野放図でわがままな子に わが子を育ててしまっている。
  この傾向を黙って見過ごしていいものだろうか。
  
  こちらの年齢がそう思わせるのか 最近首をかしげざるを得ないような有様に
気づくことが多い。

スポンサーサイト

母親の育児ストレスは子供が三人がピーク

久しぶりに庭を・・・

comment iconコメント ( 1 )

無事終えることができて ほっと胸をなぜおろしたことでしょう

お疲れ様でした。

ほんとわたしも そういうのを聞くと ほんと 腹がたちます

中学生や 高校生の中にも特にそんなのを たくさんみかけますよね

できることなら たしなめるように 声かけできたらと思います

名前: ine [Edit] 2014-11-26 17:44

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)