FC2ブログ

  私は 以前に何度か 娘や娘の家族と行ったことがあるが 夫は一度も行ったことのない
お寿司屋さんが 電車で 四五駅の所にある。
  よくマスコミにも取り上げられるお店だけに美味しい。
  そのことを 夫に話していたものだから 夫が 行ってみたい と 言い出して
お昼に行った。
  予約して行ったから そんなに待たないで席に座れたが お店の周りには いつ行っても
すごい数の人が待っている。

  カウンター席を予約していたから 番号を呼ばれて座った。
  ランチメニューの中から選んで注文した。 目の前に 順に握ったお寿司が置かれる。
  運よく 一番年かさで店内でも一番古い職人さんが 握ってくださった。
  忙しく お客の注文に応えて握りながらも 私たちへの気配りも怠りない。

  カウンター席に座ると ケースの中の寿司ねたが よく見える。
  ケースの中に 一段と大きい貝があった。何か と 聞くと 北海道のつぶ貝だという。
  今までこんな大きなつぶ貝は 見たことがことがない。夫が職人さんに そう言うと
職人さんも めったにこんな大きなものは入ってこない とのこと。
  夫と私は  注文したものを食べ終えたら 大好きな穴子とそれを頼もうと話した。
  このお店のランチメニューは どれも握りの数が多い。それもねたが大きいから
かなりお腹がふくれる。
  そのうえ 後から注文した穴子が特大サイズで 載せられた長皿から はみ出るほどだ。
  穴子を食べ終えた時点で 私は満腹。
  夫だけが 大きなつぶ貝を頼んだ。すると おろしたてを握ってくれる と 言う。
  職人さんは それまでも夫に 卵焼きをサービスしてくれ 本来は付いていない
デザートもサービスで付けてくれた。そのうえ わざわざ貝を おろしてくれる というので
夫は大喜び。
 カウンター席の利点だろう。夫が満足したのは 言うまでもない。

  今まで 東京でお寿司を食べる時には 築地まで行っていたが 娘のマンションから
こんなに近いところに こんな美味しいお店があるのなら 今度からはここにしよう と
夫は かなり気に入った様子。

  お腹も気持ちも満腹になって 帰りの電車に乗った。
スポンサーサイト



孫の撮影会と代々木公園でお花見

入園準備

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)