FC2ブログ

   次男が帰って行った。

   彼が帰省すると 必ず一度は行く飲食店がある。
   息子だけでなく 夫も私も このお店が好きだ。
   今日も お昼をこのお店で食べよう と出かけた。
   評判のいいお店なので 早めに家を出て 別々に車でお店へ向かった。
   息子は 食べ終えたら そのままアパートへ帰って行く。

   飲食店の良し悪しは 味はもちろんだが 接客の仕方やお店の雰囲気 清潔さなども
重要な要素を占める。
   このお店は それのどれをとっても 最高の部類に入る。
   それでいて 品は庶民的な物で 値段も普通だ。それなのに いつ行っても 
従業員が代わっていても 接客態度も言葉づかいも丁寧で 店内はきれいに掃除が
行き届いている。

   高級なレストランでも 従業員の教育がなっていなくて 不愉快な思いをした経験が
ある。 また店内の清掃が行き届いていなくて ギョッとした経験もある。
   このお店では まったくそんな経験をしたことがないのだ。
   しかも 従業員は 客の用事がないときの立っている姿勢が 実にいい
   しっかり足をそろえて 手を前で重ね まっすぐに立っている。
   そうしながら 店内のどこからでもお客が声をかけると すぐテーブルへやってくる。 
   従業員同士の私語も聞いたことがない。

   また 店内は ザワザワしたところがない。
   厨房の音も聞こえてこないようになっている。
   客が遠慮して小声で話しているわけではないのに
従業員の キビキビした丁寧な応接の声しか聞こえてこない気がする。
   テーブルは 油ものを扱うのに いつもきれいに拭いてあり ネチャネチャしない。
   
   高級料理店なら接客も雰囲気もいいのは当たり前だが 一般的な庶民が行くお店で
このようなお店は なかなかないだろう。
   このお店が そのすばらしさを保ちながら 営業を続けているのは
ひとえに おかみさんが しっかりした従業員教育をしているからだろう と 想う。
   それと 味にブレがないことも 最大の要素だろう。

   今日も 美味しくいただき 気持ちよく 駐車場で息子と別れた。
   
スポンサーサイト



やっぱり国産がよかった

次男の帰省

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)