FC2ブログ

   友人が 着物をリメイクして洋服を作る人の展示即売会へ誘ってくれた。
   彼女もそうした洋服が好きだし 私も着物を作り変えた洋服を着たりしているのを
知っていて 今回 彼女がよく作ってもらう方が展示会をするにあたって
一緒に行かないか と 誘ってくれたのだった。
   そして 今日午後 連れて行ってもらった。

   会場は 喫茶店の二階にあり 以前友人がアクセサリーの展示会を開いた所だった。
   主催者は 私達と同じ年頃の女性だった。
   お聞きすると なんと我が家のお向かいのお宅の奥さんは 義理の妹さんだった。
   案外世間は狭いものだ。

   展示会場には 数人の先客があり 作品を観たり試着したりして 賑わっていた。
   会場へ入るやいなや パッと目に着く服があったが すでに他の客が試着中だった。
   大島で作られたそれは 長めのベストのような袖なしのチュニックのデザインで 
よく見ると とても手のこんだ切り替えしがしてあって 誰の目にもつくものらしかった。
   一緒に行った友人が見て廻っているうちに 私もそれを試着してみた。
   ものが大島で作られているから 実に軽い。そして布に張りがあるから気安い。
   鏡で見ると デザインは私に似合ってはいるが 色と柄がチョットという感じだ。
   後日 自分から布を持ち込んで作ってもらうことに お願いした。
   友人は 気に入った服があったので その場で購入した。

   なんでもそうだが 品物がどれだけたくさんあっても 自分に似合うものは
なかなかない。友人は その点ラッキーだった と 自分でも言っていた。

   近いうちに どれをリメイクするか 亡母の着物を出してみなくては。
   
スポンサーサイト



恥ずかしながら 結果と現状

嫌になるけど こんな日もある

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)