FC2ブログ

  今朝 婿と孫を送り出し お急ぎで支度をして 帰る準備をした。
  バスに乗り渋谷駅へ みどりの窓口で 新幹線の切符と乗車券を 並んで買った。
  品川では十分の乗り換え時間しかなかったが 無事に目的の新幹線に乗れた。
  なにせ ジパングだから 新幹線の中でも ひかり しか割引がない。
  したがって 本数に限りがある。一時間に だいたい二本の運行だ。
  今日は 運よく 待ち時間がなく ひかり に乗れた。

  大学病院の予約時間に 五分残して間に合った。
  いつものように 足腰への痛み止めの麻酔 点滴 投薬の処方箋をだしてもらう。
  最近 麻酔の仕方を変えてもらってからは また少し痛みが弱まっている。
  今日も 医師が画像を見ながら 深部まで針を刺し ジワァッと広い範囲に 麻酔薬が
広がるよう 腰に四か所 足に二か所打つ。
  針を深部まで それも響く部位に刺すから 痛みはすごい。
  打った後も 二三日は痛む。
  それでも 以前の方法より ずっと効き目がある。
  それに 大げさでなく 手術前後に生きられないほどの痛みを経験しているから
どれほどの痛みを 痛む 痛い と言えばいいのか わからなくなっているのが 現状だ。
  だから この麻酔方法でも 医師や看護師が 痛いよ とか すごく痛いよ 我慢してね
と 言われるので やっぱりこれは 痛い という部類の痛みなのだ と知る。

  痛みが弱まると 痛む という感覚が 少しづつ戻っているように思えて 嬉しい。
 
  会計の窓口へ行くまでに およそ二時間。
  これも まあまあいつもと同じだ。

  この後は 駅へ行き 着いた時には時間がなくて寄れなかった図書館へ。
  借りていた本を返却。また数冊借りた。
  ちょうど貸出期間が二週間で 大学病院の受診と間隔が同じだから 便利だ。
  すでに 夫が着いて 新聞を読んでいた。
  そそくさと 借りる本を探し カウンターへと急いだ。

  そして もう一軒 整形外科へ向かう。
  久しぶりのリハビリだった。
  意識していなかったが やっぱり 足腰はパンパンに張っている と言われながら
マッサージしてもらった。
  たった一回のリハビリでも するのとしないのとでは ずいぶん違う。

  大学病院の薬は 明日 夫に薬局へ行ってもらい  もらって来てもらう。
  夫が 週末赤ちゃんに会いに東京へ来る というので その折もってきてもらうことに。

  家に帰ると もう 七時半近くになっていた。
  帰宅した といっても 慌ただしい。
  着替え 明日朝 すぐ出かけられるように持ち物の用意。
  夫が あれも持って行けこれも持って行け というものだから 帰って来た時より
明日行く時の方が 荷物が多くなってしまった。

  溜まっている郵便物に目を通し 整理する。

  みな終えて腰を下ろしたら もうこんな時間になっている。
  久しぶりに テレビを見ながら お茶を飲む。
  
  やっと 我が家に居る 気持ちになれた。
スポンサーサイト



名前は はな ちゃん

にわか母親業は気が抜けない そして思うこと

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)