FC2ブログ

  五日に産まれた 娘の次女は 名前が はな と正式に決まった。

  名前の候補は 幾つか 婿と二人で考えてあったらしいが 生まれた後 すぐに
娘のもとに連れて来られた時 赤ちゃんの か弱い泣き方や小ささが
はな という言葉が持つ可愛さや 優しい響きに なんとなく合ったのだろう。
  その時から みんなが はなちゃん と 自然に呼ぶようになっていた。

  それが昨日 保育園へ上の子を迎えに行き その足で病院へ行って
赤ちゃん室の 娘の子が寝かされた小さなベッドをのぞくと その枕元に
ローマ字で はな と書かれた 名前が決まった赤ちゃんに貼られるシールが貼ってあった。

  これで 赤ちゃんの日本名は はな と 正式に決まった。

  娘の子の場合 出生届は 日本とイギリスの両国に出す。
  その際 日本名のあとに イギリス名が続く形で 届けられる。

  通称 呼び名が日本名で 正式な名前は 日本名とイギリス名を繋げたもの となる。
  上の子の診察券や 薬局で出される薬の袋などにも そのように書かれている。
  
  日本名に どのような漢字を使うか は 娘が考え イギリス名は 婿が考える。
  上の子の時も そうだった。

  上の子の時 命名書は 私が筆でしたためたが 次女はどうするのか。

  花ちゃんの人生が 始まった。
  どうか 幸多い 人生でありますように。
スポンサーサイト



退院と黄疸

家に帰って来た

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)