FC2ブログ

 娘が 様々な事情で 外出できなかったりすると 会社関係だったり
今回のように 出産に際しての届け出だったりで 役所や銀行手続きに支障が出てくる。
  代わりに出向く婿は 漢字ばかりの書類では 何をどこにどうやって書けばいいのか
さっぱりわからないからだ。

  役所や銀行は 何であれ 用件を済まそうとすると それに関しての書類を
まず 書いて出さないと こちらが欲しい書類を 渡してもらえない。 
  窓口で渡される用紙の各項目に 何を書き入れるのかが わからないらしい。

それがわかっているから 前もって娘が 用件をメモして渡したりして
彼が手続きするのに わかりやすいように説明したりは している。
しかし いざ 役所の窓口へ婿が出向いてみると 娘から聞いていないことがあったり
職員の対応がこちらの予期しないものだったり で 彼がパニックになるらしい。
  急いでその場で 娘に電話をかけて どういうことだ と問うらしいが
娘だって その場にならないと 対応できないことが多いのだから 仕方がない。

  日本での出生届けは 無事に受理されたが イギリスへの届出に 様々な書類が
必要らしい。 それらを発行してもらうのに 手間取っている。
  
  銀行も 最近は北朝鮮やイランへの送金に 目を光らせたりしているから
海外へ送金したりしようとすると 面倒らしいし まず書類書きが待っている。

  これらのトラブルを 今朝娘から聞いた私は 今度 役所や銀行へ彼が行く時に
届出用紙の各欄への記入くらいなら私でも手伝えるから 一緒に行って手伝おうか 
と 言ってあげた。
  孫を保育園へ送って帰って来た婿に 娘が私の言葉を伝えると 婿もそのほうが
ありがたい と思ったようだった。

  しかし 外国人が多く住むこの渋谷区の窓口に 外国語が話せる職員がいない
こと自体 ちょっと信じられない。
  おまけに そう言ってはなんだが 渋谷区に世帯を持って住まう外国人は
高額納税者が多い。
  彼らから たんまり税金を徴収しているのだから せめて彼らが窓口に来た時
応対できる職員を 窓口に配置するくらいの便宜を図ってもいいのでないか。

  婿の日本語のまずさも さることながら 区役所の対応のまずさにも
モノ申したくなる。
  
スポンサーサイト



いつにない一日 ①

穏やかに一日が過ぎていく

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)