FC2ブログ

  かつて私達一家は 夫の転勤に伴って 今は世界遺産になり 世界中から
観光客が訪れている 白川村に 三年住んだ。

  当時 子供達は 上の二人が小学生 一番下がまだ二歳だった。
  上の二人は 夫が勤務する学校へ通った。

  住宅は学校のすぐそばで 職と居が隣接した生活だった。

  校下の子供達は 皆が集団登校や集団下校だった。
  我が家の二人の小学生は 学校を出て数歩の位置に帰る家があるのに
わざわざ みんなについて区域を一周して 帰宅したりしていた。

  村での生活は たった三年の月日だったが その十倍にも匹敵するものだった。
  親切で面倒見のいい村の人たちと 素晴らしい自然に助けられての三年だった。

  以来 絶えることなく 交流が続いているお宅がある。 
  そのお宅から また今年も 村内三か所の祭りで供される どぶろくが届いた。
  お酒好きの夫を 村での年月を愛おしんでいることをご存じだから
毎年 南から始まった村内の祭りが 一番北の地域まで行き着いた後 それぞれの
地区で造られたどぶろくを こうしてまとめ 荷物にして送ってくださる。
  ありがたいことだ。

  お礼の電話の中で 長年住んでいて毎年見ている住民でも 今年の紅葉は
その見事さに圧倒されるくらいだ と 話された。

  奥白川の紅葉は 天下一品だ。
  錦秋 という言葉でも言い尽くせないほど 紅葉は素晴らしい。

  それを知っているから 電話で聞いた紅葉の様子は 想像できた。
  すぐにでも行ってみたい 電話で話しながら そう思った。

  まるで故郷からの電話のような 郷愁を誘う どぶろくと電話だった。

  
スポンサーサイト



子供ってすごい!!

残念!見られなかった!!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)