FC2ブログ

  毎日 点滴に通っていたのに 体温がなかなか下がらなかった。
  下がっても 三十八度台までで 毎晩 氷枕を使って ベッドに。

  今日も 朝 夫が出勤する際に 医院まで送ってもらい 診察と点滴。

  いつもそうなのだが 私の血管は細くて見えない。 
  だから 下手な看護士だと 何回も針を刺し直し それでもダメで

けっきょく他の看護士に代わって ようやく点滴が始まる。
  腕ではできないから いつも手の甲の細い血管を使う。
  すると 太い血管からのように 早くは液を落とせない。
  ポトンポトンの間隔が 通常よりかなり間遠でないと 血管痛があり
腕全体の血管が 真っ赤に網の目状に現れてきてしまう。

  それでも 今日の血液検査の結果では 漸く炎症反応が1になった。
  医師は 炎症反応は下がってはきたが 明日が休診なので 金曜日に
もう一度 点滴に来るように と 言われた。

医院を出たのは 十一時近くになった。
  足の痛みも和らいできたから 医院の近くにある本屋へ
しばらくぶりに寄ってみた。

  この書店には 新刊の書棚とは別に 古本も売っている。
  最近は 古本といっても 出版されてすぐのものが売られている。 
  だから 新刊で読みたい本があるときには これはありがたい。
  古本といっても 一度目を通して読み終えたものを 購入者が すぐに
書店へ売った本だから 新品同様のもの。
  新刊に比べて 半値前後の値段で買える。
  私が読みたい本は 殆どが娯楽ものだから この古本で十分だ。
  ネットでも購入するが 紙の本よりは多少安いくらいで 古本よりは高い。
  それに 読みたい新刊が すぐにはネットで買えない場合が多い。
  そんなときには 古本がいい。
  出版されて一週間もしないうちに もう古本として 本屋の書架に並んでいる。

  今日は 三冊 読みたい本を見つけた。
  
  ちょっと体がよくなったおかげで これらを読む楽しみができた。

   
スポンサーサイト



霜も降りないのにみぞれが・・・

全滅の危機!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)