FC2ブログ

大学病院がある隣の市の 街中にあるショッピングモールが 少し前に
リニューアルした。

このショッピングモールは バスで大学病院から駅の図書館へ行く途中にあるから
これまでも ここで途中下車したりしていた。

リニュウアル後には それまであった書店がなくなって その代わりに
近辺では それまで名古屋にしかなかった丸善書店が 新しく入店した。

以前仕事をしていた頃には 市内では入手できない書籍は わざわざ名古屋まで
買いに行っていたくらいだったから 丸善が入る と 知って 期待していた。

オープンを待って行ってみて その占有面積に驚いた。

広いワンフロアーの片面全部と 反対側のフロアーの半分くらいが
全て 丸善書店が占めていた。

名古屋の丸善は 一つのビルになっていて 何階もに別れているが
このモール内の丸善は 平面になって広がっているから まるで大きな図書館
のようだ。

今日は いつもの市の図書館が休館だったから 夫との待ち合わせを
このモールにしてあった。

今までは このモールで夫を待つのに 時間をどうやってつぶそうか と思ったが
丸善が入ってからは そんな思いがなくなった。
たくさんの書架の間を歩きながら 興味を引く書の立ち読みをする楽しみができた。

今日も 夫が来るまでの時間を おおかた丸善で過ごした。

たいがい ほとんどの読みたい本は 買ったり借りたりしているから 気にいっている
作家の まだ読んでいない本を見つけた時など 嬉しくなってしまう。

そして 第一に 何より嬉しくて楽しいのは たくさんの書籍に囲まれた空間に
ゆっくり身をおけることだ。
たくさん並んでいる書架すべてが まるで自分のもののようにさえ想えてくる。

外での楽しいことや嬉しいことからは遠ざかっていても 私なりの 小さな楽しみが
また一つできた気分だ。

スポンサーサイト



大わらわ

江戸物時代劇が面白い

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)