FC2ブログ

東京の孫は 爆破予告騒動があった日 母親と一緒に避難している最中 周囲には泣き叫んでいる
子もいたようだが その場は 泣く余裕もなかったのだろう 泣かずに帰路についたらしいが
途中で 急に泣きだしたそうな。

学校から離れるまでは 緊張がとれなかったのだろう。
幼児ながらもう安心 という場所まで来たら 急に気持ちが崩れて泣いたのだろう と 想われる。

警察がサイレンを鳴らしながら 何台ものパトカーで来たり 爆発物処理班が いかめしい恰好で
学校の周囲を取り巻いたり 大きな消防自動車が来たり 自分たちには
突然 全校生徒に避難指示が出て 騒然としたり・・・。
ちょうど 保護者のお迎えが来る 降園時間帯だったからよかったものの
もし この騒動が 違う時間帯だったら 孫の心境はどうだっただろう・・・。

それでも 今日あたりは 家で 母親と一緒に パンケーキを作って食べたり と
落ち着いてきたようで こちらも一安心だ。

それにしても きょうびは どこが安全でどこが危険なのか わかったものではない。
本当に 嫌な世の中になってしまった。
スポンサーサイト



今日は久しぶりに雨の休日

牡丹鍋

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)