FC2ブログ

ホテルのチェックアウトが十二時なので 毎朝 起き抜けに温泉につかることができる。
足や腰の痛みには 何よりありがたい。
ここの温泉の温度は いつ来ても 私にちょうどいい温度で 実に気持ちがいい。

お風呂のフロアーには 幾種類もの露天風呂もあり ツアーで来ているわけでもないから
気の済むまで ゆっくり入っていられる。

三日目の朝も 始動はゆっくりだった。
温泉につかった後 昨日買ってきたパンやサラダで朝食。
部屋の中で浴衣のまま 食べたい物を 三人でテレビを見ながら 時間をかけて食べる。
三人には こんな時間も楽しい。

チェックアウトの十二時ぎりぎりにホテルを出た。
お昼は懐かしいお店で と 昨夜から決めてあったから そのお店へ向かった。
お店の前には 入店を待つ人の列ができていた。
おそらくはガイドブックに 安価で昔から変わらない味のお店 とでも紹介されているのだろう。

順番を待って店内に入り 店内でもまた待って ようやく注文のお皿が運ばれてきた。
変わらない昔馴染みの味は 昨日食べた中華そばと同じように
私たち三人の胃袋へ すんなり収まっていく。

食べた後は 昨日スーパーで買って ホテルで美味しく食べた 高山独特の
サツマイモの天ぷらを買って帰ろう と またスーパーへ。
衣が いわゆる天ぷらの衣と違って 小麦粉だけでなく 何か混ぜてあるのだろう。
洋風の感じで カリッとしていて おかずとしてではなく おやつの感覚で食べられる。

友人も私も 天ぷらのほかに 帰宅後の夕食のおかずに と ついつい幾つもの
惣菜を買い込んで 予定のワイドビューに乗るために 高山駅へと
友人の車で送ってもらった。

いつでも 別れはつらい。
また会える と分かっていても つい先日 急死された知人を思うと これが最後かも
という想いが 頭をよぎって つらい。

列車の中では 友人も私も 座席に背中をあずけながら 言葉も少なく帰って来た。
スポンサーサイト



フキノトウを採るためだったのが・・・

高山 二日目

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)